研究者総覧
    English

詳細検索はこちら

岩井 邦久 イワイ クニヒサ

所属部署名栄養学科 健康栄養科学分野
職名教授 メールアドレス
生年月日
電話番号017-765-4194ホームページURL
FAX番号017-765-4194
更新日 : 2016/10/07

プロフィール

研究分野

  • 農芸化学 / 食品科学
  • 複合化学 / 分析化学
  • 複合化学 / 生体関連化学
  • 生活科学 / 食生活学
  • 薬学 / 天然資源系薬学

研究キーワード

    ポリフェノール , フラボノイド , ペクチン , 吸収 , 食品機能 , 薬物動態 , 抗酸化 , 栄養化学

所属学会等

  • 日本食品分析学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本味と匂学会
  • 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会
  • 日本フードファクター学会
  • 日本食生活学会
  • 日本未病システム学会
  • 日本食品科学工学会
所属学会等を全て表示する
所属学会等閉じる
  • 日本食品分析学会
  • 日本農芸化学会
  • 日本栄養・食糧学会
  • 日本味と匂学会
  • 日本過酸化脂質・フリーラジカル学会
  • 日本フードファクター学会
  • 日本食生活学会
  • 日本未病システム学会
  • 日本食品科学工学会

学歴

  • 1981年04月 - 1985年 東北大学 農学部 食糧化学(日本)
  • 1985年04月 - 1987年 東北大学大学院 農学研究科博士前期課程 食糧化学(日本)
  • 1987年04月 - 1990年 東北大学大学院 農学研究科博士後期課程 食糧化学

経歴

  • 1990年03月 東北大学大学院農学研究科博士課程食糧化学専攻修了
  • 1990年04月 - 1997年 三菱化学
  • 1997年08月 - 2003年 青森県産業技術開発センター
  • 2003年04月 - 2005年 青森県工業総合研究センター(主任研究院)
  • 2005年04月 - 2008年 青森県立保健大学健康科学部 (大学院健康科学研究科)(助教授)
  • 2008年04月 - 現在 青森県立保健大学健康科学部 (大学院健康科学研究科)(教授)

学位

  • 農学博士(東北大学)

研究活動業績

書籍

  • 健康365, 第12巻第11号, p.160-161
    岩井 邦久
    2015年 09月
  • 食べ物と健康—食品の加工
    岩井 邦久
    南江堂 2015年 03月
  • 趣味の園芸やさいの時間
    岩井 邦久
    NHK出版 2013年 05月
  • 主婦の友実用BOOKS最新版気になる血圧がみるみる下がる大百科
    岩井 邦久
    主婦の友社 2013年 03月
  • 血糖値がぐぐっと下がる、減る知恵とコツ (長いもジュース)
    岩井邦久
    主婦の友社 2012年 10月
  • Comprehensive Bioactive Natural Products, Vol.3 Efficacy, Safety & Clinical Evaluation II
    K.Iwai, S. Kuramoto, H. Matsue
    Studium Press LLC 2010年
  • 最新血糖値を下げる知恵とコツ, 主婦の友ベストBOOKS, (長イモジュース)
    岩井邦久
    主婦の友社 2008年
  • 血圧がムリなく下がる100のコツ
    岩井邦久
    主婦の友社 2008年
  • Recent Progress in Medicinal Plants, Vol.23, Phytopharmacology & Therapeutic Values V
    K.Iwai
    Studium Press 2009年
  • Vitamin C and Scurvy-Prone ODS Rat.
    M.Kawamura, K.Saitoh, K.Iwai, S.Kimura, T.Ido
    Elsevier Science Publishers 1990年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
  • 健康365, 第12巻第11号, p.160-161
    岩井 邦久
    2015年 09月
  • 食べ物と健康—食品の加工
    岩井 邦久
    南江堂 2015年 03月
  • 趣味の園芸やさいの時間
    岩井 邦久
    NHK出版 2013年 05月
  • 主婦の友実用BOOKS最新版気になる血圧がみるみる下がる大百科
    岩井 邦久
    主婦の友社 2013年 03月
  • 血糖値がぐぐっと下がる、減る知恵とコツ (長いもジュース)
    岩井邦久
    主婦の友社 2012年 10月
  • Comprehensive Bioactive Natural Products, Vol.3 Efficacy, Safety & Clinical Evaluation II
    K.Iwai, S. Kuramoto, H. Matsue
    Studium Press LLC 2010年
  • 最新血糖値を下げる知恵とコツ, 主婦の友ベストBOOKS, (長イモジュース)
    岩井邦久
    主婦の友社 2008年
  • 血圧がムリなく下がる100のコツ
    岩井邦久
    主婦の友社 2008年
  • Recent Progress in Medicinal Plants, Vol.23, Phytopharmacology & Therapeutic Values V
    K.Iwai
    Studium Press 2009年
  • Vitamin C and Scurvy-Prone ODS Rat.
    M.Kawamura, K.Saitoh, K.Iwai, S.Kimura, T.Ido
    Elsevier Science Publishers 1990年
  • Vitamin C and Scurvy-Prone ODS Rat
    K.Iwai, S.Kimura, K.Saitoh, T.Ido, R.Iwata
    Elsevier Science Publishers 1990年
  • Trace Elements in Clinical Medicine
    S.Kimura, K.Iwai, K.Saitoh, M.Kawamura, T.Ido, R.Iwata, M.Kameyama
    Springer-Verlag 1990年

論文

  • Synthesis of ganbajunins-D and -E and the proposed structure of thelephantin-D.
    Kenshu Fujiwara, Keisuke Kushibe, Takuto Sato, Toshio Norikura, Hajime Matsue, Kunihisa Iwai, Ryo Katoono, Takanori Suzuki
    European Journal of Organic Chemistry 2015(26) 5798-5809 2015年08月
  • 夏の身体が欲する水分と栄養.
    岩井 邦久
    現代農業(8) 86-93 2015年07月
  • Investigation of the safety and antihyperglycemic effect of Apios americana flower intake as a food material in normal and diabetic mice.
    J. Kawamura, E. Miura, K. Kawakishi, T. Kitamura, Y. Morinaga, T. Norikura, H. Matsue, K. Iwai
    21(3) 453-462 2015年
  • Simultaneous ingestion of high methoxy pectin from apple can enhance absorption of quercetin in humans.
    T. Nishijima, Y. Takida, Y. Saito, T. Ikeda, K. Iwai
    British Journal of Nutrition 113(10) 1531-1538 2015年05月
  • 北の地域における食資源の研究と産学官連携による食品開発.
    岩井邦久, 倉本修助, 中館洋一
    New Food Industry 55(7) 25-35 2013年06月
  • Angiotensin-converting enzyme-inhibitory peptides isolated from pepsin hydrolyzate of Apios americana tuber and their hypotensive effects in spontaneously hypertensive rats.
    S. Kuramoto, G. Kaneyoshi, Y. Morinaga, H. Matsue, K. Iwai
    Food Science and Technology Research 19(3) 399-407 2013年05月
  • アピオスの生理機能を活用した地域食品開発と廃棄物の有効利用に関する研究
    岩井 邦久, 倉本修助, 森永八江, 北村勉, 助川亮
    青森県立保健大学産学連携研究 最終報告書 1-30 2013年03月
  • p-Terphenyl derivatives from the mushroom Thelephora aurantiotincta suppress the proliferation of human hepatocellular carcinoma cells via iron chelation.
    Norikura T, Fujiwara K, Yanai T, Sano Y, Sato T, Tsunoda T, Kushibe K, Todate A, Morinaga Y, Iwai K, Matsue H
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 61(6) 1258-1264 2013年02月
  • 地域の食資源から抗酸化作用と生理機能の探索. ツルアラメの抗糖尿病作用と抗酸化作用.
    岩井邦久
    New Food Industry 54(5) 1-12 2012年05月
  • ホヤの機能性研究.
    松江一, 岩井邦久, 乗鞍敏夫, 森永八江
    平成23年度青森市受託研究報告書 1-38 2012年03月
論文を全て表示する
論文閉じる
  • Synthesis of ganbajunins-D and -E and the proposed structure of thelephantin-D.
    Kenshu Fujiwara, Keisuke Kushibe, Takuto Sato, Toshio Norikura, Hajime Matsue, Kunihisa Iwai, Ryo Katoono, Takanori Suzuki
    European Journal of Organic Chemistry 2015(26) 5798-5809 2015年08月
  • 夏の身体が欲する水分と栄養.
    岩井 邦久
    現代農業(8) 86-93 2015年07月
  • Investigation of the safety and antihyperglycemic effect of Apios americana flower intake as a food material in normal and diabetic mice.
    J. Kawamura, E. Miura, K. Kawakishi, T. Kitamura, Y. Morinaga, T. Norikura, H. Matsue, K. Iwai
    21(3) 453-462 2015年
  • Simultaneous ingestion of high methoxy pectin from apple can enhance absorption of quercetin in humans.
    T. Nishijima, Y. Takida, Y. Saito, T. Ikeda, K. Iwai
    British Journal of Nutrition 113(10) 1531-1538 2015年05月
  • 北の地域における食資源の研究と産学官連携による食品開発.
    岩井邦久, 倉本修助, 中館洋一
    New Food Industry 55(7) 25-35 2013年06月
  • Angiotensin-converting enzyme-inhibitory peptides isolated from pepsin hydrolyzate of Apios americana tuber and their hypotensive effects in spontaneously hypertensive rats.
    S. Kuramoto, G. Kaneyoshi, Y. Morinaga, H. Matsue, K. Iwai
    Food Science and Technology Research 19(3) 399-407 2013年05月
  • アピオスの生理機能を活用した地域食品開発と廃棄物の有効利用に関する研究
    岩井 邦久, 倉本修助, 森永八江, 北村勉, 助川亮
    青森県立保健大学産学連携研究 最終報告書 1-30 2013年03月
  • p-Terphenyl derivatives from the mushroom Thelephora aurantiotincta suppress the proliferation of human hepatocellular carcinoma cells via iron chelation.
    Norikura T, Fujiwara K, Yanai T, Sano Y, Sato T, Tsunoda T, Kushibe K, Todate A, Morinaga Y, Iwai K, Matsue H
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 61(6) 1258-1264 2013年02月
  • 地域の食資源から抗酸化作用と生理機能の探索. ツルアラメの抗糖尿病作用と抗酸化作用.
    岩井邦久
    New Food Industry 54(5) 1-12 2012年05月
  • ホヤの機能性研究.
    松江一, 岩井邦久, 乗鞍敏夫, 森永八江
    平成23年度青森市受託研究報告書 1-38 2012年03月
  • ガマズミ・クラスター創成事業.
    岩井邦久
    平成23年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成事業実績報告書 1-9 2012年03月
  • 県産機能性素材データベース構築普及業務.
    岩井邦久
    平成23年度緊急雇用創出対策事業成果報告書 1-3 2012年03月
  • ガマズミ果実の機能性の研究.
    岩井邦久
    平成23年度ガマズミ活用研究会受託研究報告書 1-14 2012年03月
  • アピオスの生理機能を活用した地域食品開発と廃棄物の有効利用に関する研究.
    岩井邦久, 倉本修助, 森永八江, 北村勉, 助川亮
    平成23年度産学連携研究報告書 1-10 2012年03月
  • ガマズミ果実搾汁残渣からの果肉皮分離法の開発とそのラジカル消去活性.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 岩井佳代, 松江一
    日本食品科学工学会誌 58(9) 440-445 2011年09月
  • ガマズミ果実搾汁残渣から分離した果肉皮粉末の血糖上昇抑制および抗酸化作用.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 岩井佳代, 森永八江, 松江一
    日本食品科学工学会誌 58(9) 413-420 2011年09月
  • 地域の食資源から抗酸化作用と生理機能の探索-アピオスの血圧降下作用-.
    岩井邦久
    New Food Industry 53(8) 19-27 2011年08月
  • Anticancer activities of thelephantin O and vialinin A isolated from Thelephora aurantiotincta.
    Norikura T, Fujiwara K, Narita T, Yamaguchi S, Morinaga Y, Iwai K, Matsue H
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 59(13) 6974-6979 2011年07月
  • 地域の食資源から抗酸化作用と生理機能の探索-納豆の持つ抗酸化作用と生理機能-.
    岩井邦久
    New Food Industry 53(5) 57-67 2011年05月
  • 食物成分の生理作用と機能性食品 —抗酸化活性と生理機能の探索—.
    岩井邦久
    食品と容器 52(5) 304-311 2011年05月
  • ガマズミ果実 (神ツ実) の機能性と応用開発.
    岩井邦久, 中館洋一
    FOOD Style 21 15(4) 35-37 2011年04月
  • アピオスの生理作用および作用成分の解明と健康食品開発に関する研究.
    岩井邦久, 川村仁, 倉本修助, 森永八江, 松江一, 小渡晃, 北村勉, 川岸健
    実用技術開発研究最終報告書 1-23 2011年03月
  • 青森県の産学官連携による地域農水産資源の生理機能研究と新規素材の開発.
    岩井邦久
    食品と開発 46(2) 81-83 2011年02月
  • ガマズミ果実のポリフェノールおよびラジカル消去活性の季節変動.
    岩井邦久, 岩井佳代, 松江一, 小野寺昭夫
    日本食品科学工学会誌 58(1) 21-25 2011年01月
  • −地域の食資源から抗酸化作用と生理機能の探索— ガマズミ果実の抗酸化成分およびヒトにおける抗酸化作用.
    岩井邦久
    New Food Industry 52(11) 33-41 2010年11月
  • アピオスの降圧ペプチドに関する研究と素材化への応用.
    岩井邦久
    平成21年度シーズ発掘試験 (発掘型) 研究成果報告書 1-5 2010年03月
  • アピオスの生理作用および作用成分の解明と健康食品開発に関する研究.
    岩井邦久, 川村仁, 倉本修助, 松江一, 小渡晃
    実用技術開発研究実績報告書 1-12 2010年03月
  • あおもり型健康ビジネス資源調査.
    岩井邦久
    緊急雇用創出事業実績報告書 1-58 2010年03月
  • ガマズミポリフェノールの生体利用性、果肉皮および種子油の生理作用に関する研究.
    岩井邦久, 松江一, 小野寺昭夫
    健康科学特別研究報告書 1-12 2010年03月
  • Chemical nature of a new antihypertensive peptide derived from jellyfish.
    Y.Morinaga, K.Iwai, H.Tomita, Y. Takaya, T.Naraoka, H.Matsue
    Food Science and Technology Research 16(4) 333-340 2010年
  • −地域の食資源から抗酸化作用と生理機能の探索— ガマズミ果実の抗酸化作用と糖尿病予防効果.
    岩井邦久
    New Food Industry 52(7) 8-14 2010年
  • 食品からのアプローチ. 地域食資源の栄養と生理機能に関する研究.
    岩井邦久, 森永八江, 川村仁, 西嶋智彦, 倉本修助, 成田嵩信, 中館洋一, 松江一
    青森県立保健大学雑誌 10(2) 243-250 2010年
  • 生体内抗酸化 –抗酸化物質の生体利用性と活性発現–.
    岩井邦久, 西嶋智彦
    FFIジャーナル 215(1) 38-45 2010年
  • Antihypertensive and hypolipidemic effects of tuber of Apios americana Medikus in SHR.
    K.Iwai, S.Kuramoto, H.Matsue
    Comprehensive Bioactive Natural Products, Vol.3 Efficacy, Safety & Clinical Evaluation II 167-181 2010年
  • アピオス花の生理作用および作用成分の解明, ならびに有効利用に関する研究.
    岩井邦久, 川村仁, 松江一, 森永八江, 小渡晃
    青森県立保健大学実用技術開発研究最終報告書 1-24 2009年03月
  • ガマズミを活用した地域を元気にするビジネスモデル.
    岩井邦久
    平成20年度医療・健康福祉関連産業ビジネスモデル構築事業業務委託最終報告書 1-42 2009年03月
  • Chronic ingestion of apple pectin can enhance the absorption of quercetin.
    T.Nishijima, K.Iwai, Y.Saito, Y.Takida, H.Matsue
    J. Agric. Food Chem. 57(6) 2583-2587 2009年
  • Antidiabetic and antioxidant effects of polyphenols in brown alga Ecklonia stolonifera in genetically diabetic KK-A(y) mice.
    Iwai K
    Plant Foods for Human Nutrition 63(4) 163-169 2008年12月
  • アピオス花の生理作用および作用成分の解明, ならびに有効利用に関する研究.
    岩井邦久, 川村仁, 松江一, 森永八江, 小渡晃
    青森県立保健大学実用技術開発研究報告書 1-4 2008年03月
  • エチゼンクラゲの分子解剖学的研究を根拠にした有効利用.
    松江一, 森永八江, 岩井邦久, 富田秀弘, 奈良岡哲志 【担当】生理活性試験
    青森県立保健大学健康科学特別研究報告書 2008年03月
  • 海藻ツルアラメの生理作用と機能性成分に関する研究.
    岩井邦久, 松江一
    青森県立保健大学健康科学特別研究報告書 1-21 2008年03月
  • Suppressing effect of Apios americana on blood pressure in SHR and its active peptide.
    K.Iwai, S.Kuramoto, H.Matsue
    J. Clin. Biochem. Nutr. 43 315-318 2008年
  • High-methoxylated apple pectin enhances the intestinal absorption of quercetin.
    T.Nishijima, K.Iwai, Y.Takida, Y.Saito, H.Matsue
    Polyphenol Communications 2008 2 813-814 2008年
  • 地域食資源アピオス (アメリカホドイモ) の生活習慣病の予防に寄与する生理機能成分の解明とその有用性を生かした食品素材の開発.
    松江一, 岩井邦久, 岩井佳代, 倉本修助, 内沢秀光
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報2006 173-174 2007年
  • ガマズミ果実および搾汁残渣由来の抗酸化性に優れた新規素材開発, ならびにその生理機能および生物的利用能向上に関する研究.
    岩井邦久, 松江一, 岩井佳代, 小野寺昭夫, 内沢秀光
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報2006 175-176 2007年
  • 食品成分の微弱発光生成メカニズムの解明および微弱発光検出による抗酸化活性測定法 (XYZ-dish法) の有用性向上に関する研究.
    岩井邦久, 松江一
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報2006 113-114 2007年
  • ナガイモ.
    岩井邦久
    健康, 6月号 180-181 2007年
  • Ingestion of Apios americana Medikus tuber suppresses blood pressure and improves plasma lipids in spontaneously hypertensive rats.
    K.Iwai, H.Matsue
    Nutrition Research 27(4) 218-224 2007年
  • Alpha-glucosidase inhibitory and antihyperglycemic effects of polyphenols in the fruit of Viburnum dilatatum Thunb.
    Iwai K, Kim MY, Onodera A, Matsue H
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 54(13) 4588-4592 2006年06月
  • 地域食資源アピオス (アメリカホドイモ) の生活習慣病の予防に寄与する生理機能成分の解明とその有用性を生かした食品素材の開発.
    松江一, 岩井邦久, 岩井佳代, 倉本修助, 内沢秀光
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報 189-192 2006年
  • ガマズミ果実および搾汁残渣由来の抗酸化性に優れた新規素材開発, ならびにその生理機能および生物的利用能向上に関する研究.
    岩井邦久, 松江一, 岩井佳代, 小野寺昭夫, 内沢秀光
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報2005 193-196 2006年
  • 食品成分の微弱発光生成メカニズムの解明および微弱発光検出による抗酸化活性測定法 (XYZ-dish法) の有用性向上に関する研究.
    岩井邦久, 松江一
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報2005 129-132 2006年
  • 共同研究による地域食資源の高付加価値化. 食産業界との産学連携.
    岩井邦久
    青森県立保健大学雑誌 7(2) 303-308 2006年
  • 伝説の長寿のイモ・オニドコロ.
    岩井邦久
    健康, 8月号 178-183 2006年
  • 21世紀型健康社会に向けた「食」の高度化.
    岩井邦久
    平成16年度版青森県工業総合研究センター事業報告書 41-42 2005年
  • ガマズミ果実搾汁残渣の有効活用に関する研究.
    岩井邦久, 奈良岡哲志, 他2名
    平成16年度版青森県工業総合研究センター事業報告書 40-41 2005年
  • ガマズミ果実搾汁残渣を素材とした生活習慣病予防効果を備えたサプリメントの開発.
    松江一, 岩井佳代, 上野葉子, 岩井邦久, 他2名
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報2004 223-226 2005年
  • 県産農水産物の生理機能と作用成分に関する研究.
    岩井邦久, 他10名
    「知」の結集プロジェクト研究推進事業成果報告書 1-186 2005年
  • 「食」の科学と「食育」-生活習慣病予防のために-.
    岩井邦久
    日本未病システム学会雑誌 11 284-289 2005年
  • アピオス (アメリカホドイモ) の血圧降下作用.
    岩井邦久
    日本未病システム学会雑誌 11(1) 188-193 2005年
  • Phenolic compositions of Viburnum dilatatum Thunb fruit and their antiradical properties.
    M.Y.Kim, K.Iwai, H.Matsue
    Journal of Food Composition and Analysis 18(8) 789-802 2005年
  • Physiological effects and active ingredients of Viburnum dilatatum Thunb fruits on oxidative stress.
    K.Iwai, M.Y.Kim, A.Onodera, H.Matsue
    BioFactors 21 273-275 2004年12月
  • 県産農水産物を活用した産業振興モデル. 「県産農水産物の生理機能と作用成分に関する研究」
    岩井邦久, 他10名
    「知」の結集プロジェクト研究推進事業平成15年度報告書 1-64 2004年03月
  • Inhibitory effects of viburnum dilatatum Thunb. (gamazumi) on oxidation and hyperglycemia in rats with streptozotocin-induced diabetes.
    Iwai K, Onodera A, Matsue H
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 52(4) 1002-1007 2004年02月
  • 健康な高齢化社会に貢献する味覚および味覚成分の研究開発.
    岩井邦久
    平成15年度版青森県工業総合研究センター事業報告書 38 2004年
  • ガマズミの生理作用および味覚に関する研究.
    岩井邦久, 小野寺昭夫
    平成15年度版青森県工業総合研究センター事業報告書 35 2004年
  • ガマズミ果実搾汁残渣を素材とした生活習慣病予防効果を備えたサプリメントの開発.
    松江一, 岩井佳代, 岩井邦久, 金美蓮, 小野寺昭夫
    青森県立保健大学健康科学研究センター年報, 2003 197-200 2004年
  • ツルアラメ (Ecklonia stlonifera) のポリフェノールに関する研究.
    岩井邦久
    産業技術連携推進会議東北・北海道地域部会研究論文集(4) 127-129 2004年
  • Polyphenol constituents and antioxidant properties of the fruits of Viburnum dilatatum Thunb, and its usefulness for health benefits.
    K.Iwai, M.Y.Kim, H.Matsue
    Polyphenols Communications, 2004 229-230 2004年
  • 納豆の持つ動脈硬化予防効果について.
    岩井邦久
    日本未病システム学会雑誌 10 252-259 2004年
  • Antioxidant effects of Korean teabag teas by a simple and fast XYZ-dish method.
    S.K.Chung, M.Y.Kim, Y.C.Kim, K.Iwai, H.Matsue
    Food Science and Biotechnology 13(2) 197-201 2004年
  • アピオス (アメリカ・ホドイモ) の生理機能に関する研究.
    岩井邦久
    産業技術連携推進会議東北・北海道地域部会研究論文集(3) 99-100 2004年
  • Physiological effects and active ingredients of Viburnum dilatatum Thunb fruits on oxidative stress.
    Iwai K, Kim MY, Onodera A, Matsue H
    BioFactors (Oxford, England) 21(1-4) 273-275 2004年
  • Identification and antiradical properties of anthocyanins in fruits of Viburnum dilatatum thunb.
    Kim MY, Iwai K, Onodera A, Matsue H
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 51(21) 6173-6177 2003年10月
  • 県産農水産物を活用した産業振興モデル. 「農水産物の抗酸化活性に関する研究」
    岩井邦久, 他
    「知」の結集プロジェクト研究推進事業平成14年度報告書 1-64 2003年03月
  • 老化機構と制御に関する研究.
    岩井邦久
    平成14年度版青森県工業系試験研究機関事業報告書 41 2003年
  • 健康な高齢化社会に貢献する味覚および味覚成分の研究開発.
    岩井邦久
    平成14年度版青森県工業系試験研究機関事業報告書 38 2003年
  • 地域資源の新素材への変換と生産技術の開発による新商品の創造.
    市田淳治, 阿部馨, 内沢秀光, 岩井邦久, 山口信哉
    平成14年度版青森県工業系試験研究機関事業報告書 37 2003年
  • Mechanism of preventive action of Viburnum dilatatum Thunb (gamazumi) crude extract on oxidative damage in rats subjected to stress.
    K.Iwai, A.Onodera, H.Matsue
    Journal of the Science of Food and Agriculture 83(15) 1593-1599 2003年
  • スーパーヘルシー食品「ガマズミ飲料」の開発と生活習慣病の予防効果.
    岩井邦久
    日本未病システム学会雑誌 9(1) 124-129 2003年
  • 産学官共同研究で見出された納豆とガマズミの生理作用について.
    岩井邦久, 松江一, 小野寺昭夫, 中谷夏子
    産業技術研究交流フェア第1回東北産業技術研究交流会論文集 65-67 2002年
  • Development of shijimi (Corbicula japonica) clam extract having high additional values for human health.
    H.Uchisawa, A.Sato, F.Yamamoto, K.Iwai, J.Ichita, H.Matsue, C.Tsukamoto, T.Ono
    Novel Marine Functional Compounds or Materials and High Value-Added Use of Marine Bioresources 189-204 2002年
  • Creation of super healthy foods using photon detection.
    K.Iwai, K. Abe, J.Ichita, H.Matsue, A.Onodera
    Functional Properties and Advanced Processing of Regional Food Materials 15-21 2002年
  • 地域食資源を利用したヘルシー食品の開発: ガマズミ果実の機能性.
    岩井邦久
    New Food Industry 44(11) 33-39 2002年
  • Antioxidative functions of natto, a kind of fermented soybeans: Effect on LDL oxidation and lipid metabolism in cholesterol-fed rats.
    K.Iwai, N.Nakaya, Y.Kawasaki, H.Matsue
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 50(12) 3597-3601 2002年
  • Inhibitory effect of natto, a kind of fermented soybeans, on LDL oxidation in vitro.
    K.Iwai, N.Nakaya, Y.Kawasaki, H.Matsue
    Journal of Agricultural and Food Chemistry 50(12) 3592-3596 2002年
  • 地域資源の機能と利用に関する研究.
    内沢秀光, 奈良岡哲志, 岩井邦久, 他6人
    キープロジェクト研究報告書 19-51 2001年
  • 食品の抗酸化性に関する評価技術の開発と動物試験による生理機能の評価.
    岩井邦久, 松江一, 中谷夏子, 川崎良博
    キープロジェクト研究報告書 5 135-173 2001年
  • 納豆のLDL酸化抑制効果について.
    岩井邦久, 中谷夏子, 川崎良博, 松江一
    産業技術連携推進会議東北・北海道地域部会研究論文集(1) 133-136 2001年
  • Antioxidative activities of Korean tea and tea materials by a simple and fast method.
    S.K.Chung, Y.C.Kim, S.L.Oh, K.Iwai, H.Matsue
    Proceedings of 2001 International Conference on O-Cha (tea) Culture and Science 53-55 2001年
  • Relationship between antioxidant activity of commercial tea drinks by XYZ-dish method and their concentrations of catechins.
    K.Iwai, M.Sato, H.Matsue
    Food Science and Biotechnology 10(5) 508-512 2001年
  • XYZ-dish method as a new antioxidant activity assay using photon detection.
    K.Iwai, K.Abe, S.K.Chung, H.Matsue
    Food Science and Biotechnology 10(5) 513-520 2001年
  • Antioxidant activity and inhibitory effect of Gamazumi (Viburnum dilatatum THUNB.) on oxidative damage induced by water immersion restraint stress in rats.
    K.Iwai, A.Onodera, H.Matsue
    International Journal of Food Sciences and Nutrition 52(5) 443-451 2001年
  • 新技術を活用したスーパーヘルシー食品の開発を目指して. その2. 抗酸化性の高い食品の探索と体に与える効果.
    岩井邦久
    AITEM(25) 3-15 2000年
  • XYZ-dish method as a new antioxidant activity assay using photon detection.
    K.Iwai, K.Abe, S.K.Chung, H.Matsue
    Proceedings of Pre-Congress Internet Conference 394-396 2000年
  • Antioxidant activity of Gamazumi (Viburnum dilatatum) on oxidative damage induced by water immersion restraint stress in rats.
    K.Iwai, A.Onodera, H.Matsue
    Proceedings of Pre-Congress Internet Conference 180-182 2000年
  • フォトン検出による新規抗酸化活性評価法としてのXYZ-dish法の確立.
    岩井邦久, 阿部馨, 松江一
    日本食品科学工学会誌 47(3) 181-190 2000年
  • XYZ-dish法により評価した市販茶飲料の抗酸化活性とカテキン濃度との関連.
    岩井邦久, 佐藤麻里母, 松江一
    日本食品科学工学会誌 47(2) 120-129 2000年
  • フォトン評価機器を利用したスーパーヘルシー食品の創造.
    岩井邦久, 松江一, 他25名
    青森県地域産学官共同研究事業成果報告書 1-300 1999年
  • 新技術を活用したスーパーヘルシー食品の開発を目指して. その1. フォトン検出による新規な抗酸化活性評価法とは ?
    岩井邦久
    AITEM(23) 3-19 1999年
  • Effect of MCI-225 on memory and glucose utilization in basal forebrain-lesioned rats.
    J.Eguchi, K.Iwai, T.Yuasa, M.Egawa, 他2名
    Pharmacology Biochemistry and Behavior 51(4) 935-939 1995年
  • Uptake of 48V-labeled vanadium by subpopulations of blood cells in the Ascidian, Ascidia gemmata.
    H.Michibata, Y.Seki, J.Hirata, M.Kawamura, K.Iwai, R.Iwata, T.Ido
    Zoological Science 8(3) 447-452 1991年
  • Behavior of vanadium in animal brain.
    T.Ido, F.Yamamoto, R.Iwata, K.Ishiwata, S.Kimura, K.Iwai, M.Kawamura
    Proceedings of 4th International Trace Element Symposium 339-345 1990年
  • Trace elements in cancer diagnosis: Localizing of [48V]vanadyl-chlorin e6Na in tumor.
    S.Kimura, K.Iwai, T.Ido, R.Iwata
    Proceedings of 4th International Trace Element Symposium 333-337 1990年
  • バナジウムの生体内動態とその影響.
    川村美笑子, 木村修一, 岩井邦久, 他3名
    Biomed. Res. Trace Elem. 1(2) 271-272 1990年
  • 光増感反応を用いた癌治療.
    木村修一, 岩井邦久
    KARKINOS 3 195-204 1990年
  • フェオフォルバイド関連物質による癌の診断と治療.
    木村修一, 岩井邦久, 井戸達雄, 稲場文男
    フリーラジカルの臨床 4 59-67 1990年
  • Tumor uptake of [48V]vanadyl-chlorin e6Na as a tumor-imaging agent in tumor-bearing mice.
    K.Iwai, S.Kimura, T.Ido, R.Iwata
    Nuclear Medicine and Biology 17(8) 775-780 1990年
  • Mechanism for localization of pheophorbides in tumor. II. Chromatographic analyses of 14C-labeled pheophorbide and chlorin in tumor.
    K.Iwai, S.Kimura, T.Ido
    CYRIC Annual Report 212-218 1989年
  • Mechanism for localization of pheophorbides in tumor. I. Biodistribution and subcellular distribution of 14C-labeled pheophorbide and chlorin in tumor-bearing mice.
    K.Iwai, S.Kimura, T.Ido
    CYRIC Annual Report 205-211 1989年
  • Photodynamic effects of metal-chlorin chelates on mice and tumor cells.
    K.Iwai, Y.Chiba, S.Kimura, H.Rai, H.Machida, S.Mashiko, C.Saitoh, H.Inaba
    Photomedicine and Photobiology 11 123-128 1989年
  • バナジウムの生体内動態と脳神経への影響.
    井戸達雄, 山本文美子, 岩田錬 石渡喜一, 木村修一, 岩井邦久, 川村美笑子
    微量栄養素研究 6 67-73 1989年
  • 45Ti-Ascorbateの生体内挙動.
    斎藤和子, 木村修一, 岩井邦久, 他4名
    微量栄養素研究 6 51-56 1989年
  • Preparation of no-carrier-added 48V(IV) and 48V(V) for biological tracer use.
    R.Iwata, K.Iwai, T.Ido, S.Kimura
    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry 134(2) 303-309 1989年
  • Therapeutic effect of Chlorin e6Na as a new photosensitizing agent in photodynamic therapy of mouse tumor.
    K.Iwai, Y.Ichihara, S.Kimura, H.Rai, 他2名
    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 6 117-125 1989年
  • Localizing efficiency of [48V]vanadyl-pheophorbide in tumor as a new tumor imaging agent.
    K.Iwai, T.Ido, R.Iwata, M.Kawamura, S.Kimura
    Nuclear Medicine and Biology 16 783-789 1989年
  • 光力学作用による殺細胞効果と化学発光.
    木村修一, 岩井邦久, 堀込充
    光力学作用による殺細胞効果と化学発光. 東北電子産業レポート, 7月号 17-22 1988年
  • バナジウム化合物の生体内動態.
    岩井邦久, 木村修一, 斉藤和子, 他2名
    バナジウムと生体 43-47 1988年
  • 生物学的トレーサーとしての48Vの製造.
    岩田錬, 井戸達雄, 石渡喜一, 山本文美子, 岩井邦久
    バナジウムと生体 31-36 1988年
  • バナジウム-48化合物の体内分布および腫瘍診断への応用.
    岩井邦久
    バナジウムと生体 12-13 1988年
  • Organ distribution of [48V]vanadyl-chlorin e6Na for tumor imaging.
    K.Iwai, S.Kimura, T.Ido, R.Iwata
    CYRIC Annual Report pp.207-213 207-213 1988年
  • Comparative biodistribution of vanadium-48 and phosphorus-32 in Wistar and ODS rats.
    K. Iwai, S. Kimura, K. Saitoh, T. Ido, R.Iwata
    CYRIC Annual Report 197-205 1988年
  • Metabolic investigation of 45Ti compounds in rats.
    K.Saitoh, S.Kimura, K.Iwai, F.Morimatsu, T.Ido, K.Ishiwata
    CYRIC Annual Report 193-196 1988年
  • Comparison of photodynamic effects and tumor localization among the derivatives of pheophorbide.
    K.Iwai, Y.Ichihara, S.Kimura
    Photomedicine and Photobiology 10 247-252 1988年
  • バナジウム化合物の体内動態.
    岩井邦久, 木村修一, 斎藤和子, 他2名
    微量栄養素研究 5 95-99 1988年
  • Efficiency of pheophorbide-dimer in photodynamic therapy of mouse tumor.
    K.Iwai, S.Kimura
    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 5 145-153 1988年
  • Development of V-48 vanadyl(IV)-pheophorbide as a new diagnostic agent for cancer.
    K.Iwai, S.Kimura, T.Ido, R.Iwata
    Photomedicine and Photobiology 9 91-92 1987年
  • Localizing ability of [48V]vanadyl(IV)-pheophorbide into tumor.
    K.Iwai, S.Kimura, T.Ido, R.Iwata
    CYRIC Annual Report, Tohoku Univ. 218-221 1987年
  • Nutritional modification of trace element metabolism.
    S.Kimura, M.Kawamura, K.Inoue, K.Iwai, M.Komai, T.Ido, K.Ishiwata, R.Iwata
    Journal of UOEH 9 73-83 1987年
  • Studies on photodynamic effects of porphyrins and phycobilins.
    K.Iwai, M.Horigome, S.Kimura
    Photomedicine and Photobiology 8 25-26 1986年
  • Nutritional modification of trace element metabolism.
    S.Kimura, M.Kawamura, K.Inoue, K.Iwai, M.Komai, T.Ido, K.Ishiwata, R.Iwata
    CYRIC Annual Report 232-239 1986年
  • Application of [48V]vanadyl(IV)-pheophorbide for diagnosis of mouse tumor.
    K.Iwai, T.Ido, R.Iwata, M.Kawamura, S.Kimura
    CYRIC Annual Report 201-209 1986年
  • フェオホーバイドの光力学作用による赤血球膜タンパク質成分の変化.
    木村修一, 岩井邦久
    必須アミノ酸研究(108) 1-4 1985年
  • Photodynamic effect of pheophorbide a on erythrocyte membrane proteins.
    K.Iwai, S.Kimura
    Photomedicine and Photobiology 7 23-24 1985年

短報、総説、解説等(MISC)

  • 青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介
    岩井 邦久
    平成27年度弘前大学地域資源利活用センターシンポジウム 2016年03月
  • ホヤの機能性研究
    岩井 邦久
    平成27年度青森市受託研究報告書 1-51 2016年
  • 青森県産食素材からリパーゼ阻害成分の探索
    山下久美子, 岩井 邦久
    平成27年度若手奨励研究 研究報告書 1-8 2016年
  • 脂質蓄積抑制作用を有する食資源の作用解明と食品開発に関する研究
    岩井 邦久
    平成27年度産学連携研究報告書 1-14 2016年
  • カワラケツメイのリパーゼ阻害作用とエタノール摂取マウスの脂質蓄積に及ぼす影響
    山下久美子, 中田結, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2015年度青森県保健医療福祉研究発表会 2015年12月
  • りんご由来のペクチンはケルセチン配糖体の吸収を増加する
    三浦恵美, 藤原香織, 山下久美子, 西嶋智彦, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2015年度青森県保健医療福祉研究発表会 2015年12月
  • 青森の海・山・畑の幸から健康に役立つ機能性の探索と利用.
    岩井 邦久
    2015年日本農芸化学会東北支部市民フォーラム 5-7 2015年11月
  • 癌細胞増殖抑制作用を持つボタンイボタケ由来パラターフェニル化合物の合成展開
    藤原憲秀, 乗鞍敏夫, 佐藤たくと, 佐野勇介, 櫛部佳祐, 角田隆幸, 上遠野亮, 鈴木孝紀, 岩井邦久, 松江一
    秋田応用生命科学研究会第26回講演会 2015年11月
  • ケルセチン配糖体の吸収に及ぼすりんご由来ペクチンの作用
    三浦恵美, 藤原香織, 山下久美子, 西嶋智彦, 岩井邦久
    平成27年度日本食品科学工学会東北支部大会 2015年10月
  • 地域の水産物の利用に関する検討~都市部・沿岸部の比較~
    吉岡美子, 管野彩葉, 氏家幸子, 藤木よし子, 井澤弘美, 岩井邦久
    栄養学雑誌 73(5 Supplement) 251 2015年09月
短報、総説、解説等(MISC)を全て表示する
短報、総説、解説等(MISC)閉じる
  • 青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介
    岩井 邦久
    平成27年度弘前大学地域資源利活用センターシンポジウム 2016年03月
  • ホヤの機能性研究
    岩井 邦久
    平成27年度青森市受託研究報告書 1-51 2016年
  • 青森県産食素材からリパーゼ阻害成分の探索
    山下久美子, 岩井 邦久
    平成27年度若手奨励研究 研究報告書 1-8 2016年
  • 脂質蓄積抑制作用を有する食資源の作用解明と食品開発に関する研究
    岩井 邦久
    平成27年度産学連携研究報告書 1-14 2016年
  • カワラケツメイのリパーゼ阻害作用とエタノール摂取マウスの脂質蓄積に及ぼす影響
    山下久美子, 中田結, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2015年度青森県保健医療福祉研究発表会 2015年12月
  • りんご由来のペクチンはケルセチン配糖体の吸収を増加する
    三浦恵美, 藤原香織, 山下久美子, 西嶋智彦, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2015年度青森県保健医療福祉研究発表会 2015年12月
  • 青森の海・山・畑の幸から健康に役立つ機能性の探索と利用.
    岩井 邦久
    2015年日本農芸化学会東北支部市民フォーラム 5-7 2015年11月
  • 癌細胞増殖抑制作用を持つボタンイボタケ由来パラターフェニル化合物の合成展開
    藤原憲秀, 乗鞍敏夫, 佐藤たくと, 佐野勇介, 櫛部佳祐, 角田隆幸, 上遠野亮, 鈴木孝紀, 岩井邦久, 松江一
    秋田応用生命科学研究会第26回講演会 2015年11月
  • ケルセチン配糖体の吸収に及ぼすりんご由来ペクチンの作用
    三浦恵美, 藤原香織, 山下久美子, 西嶋智彦, 岩井邦久
    平成27年度日本食品科学工学会東北支部大会 2015年10月
  • 地域の水産物の利用に関する検討~都市部・沿岸部の比較~
    吉岡美子, 管野彩葉, 氏家幸子, 藤木よし子, 井澤弘美, 岩井邦久
    栄養学雑誌 73(5 Supplement) 251 2015年09月
  • カワラケツメイ鞘がエタノール摂取マウスの脂質蓄積に及ぼす作用
    山下久美子, 中田結, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本食品科学工学会第62回大会 2015年08月
  • Simultaneous ingestion of quercetin and apple pectin enhances antioxidant activity in rat LDL
    岩井 邦久, F.Takami, K.Yamashita, E.Miura, Y.Takida, T.Nishijima
    12th Asian Congress of Nutrition 2015年05月
  • A study of the relationship between the flavonoid absorption enhancing effect of apple pectin and the structure of flavonoids
    E.Miura, K.Yamashita, T.Norikura, T.Nishijima, K.Iwai
    12th Asian Congress of Nutrition 2015年05月
  • ホヤの機能性研究
    岩井 邦久
    平成26年度青森市受託研究報告書 2015年
  • カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究
    岩井 邦久, 山下久美子, 高田誓昌, 森永八江
    産学連携研究最終報告書 2015年
  • p-ターフェニル誘導体の細胞毒性・鉄キレート活性・ラジカル捕捉活性における構造-活性相関の解明
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 櫛部佳祐, 佐藤たくと, 岩井 邦久, 松江一
    2014年度青森県保健医療福祉研究発表会 2014年12月
  • りんご由来ペクチンのフラボノイド吸収促進作用に関わるカテコール型フラボノイドのC環構造の影響
    三浦恵美, 山下久美子, 乗鞍敏夫, 西嶋智彦, 岩井 邦久
    2014年度青森県保健医療福祉研究発表会 2014年12月
  • マボヤ筋膜体および被嚢が糖尿病モデル動物に及ぼす影響
    北條勇平, 藤田有咲, 柴田修助, 乗鞍敏夫, 岩井 邦久
    2014年度青森県保健医療福祉研究発表会 2014年12月
  • カワラケツメイがアルコール摂取ラットの肝機能に及ぼす作用
    山下久美子, 濱野友里花, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本食品科学工学会大会講演集 61st 140 2014年08月
  • カワラケツメイがアルコール摂取ラットの肝機能に及ぼす作用
    山下久美子, 濱野友里花, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井 邦久
    日本食品科学工学会 第61回大会 2014年08月
  • フラボノイドの生体利用性に及ぼす難消化性糖質、特にペクチンの影響に関する研究
    岩井 邦久
    科学研究費補助金研究成果報告書 2014年06月
  • マボヤの筋膜体および被嚢が糖尿病ラットの血糖値に及ぼす影響
    北條勇平, 藤田有咲, 柴田修助, 乗鞍敏夫, 岩井 邦久
    第68回日本栄養・食糧学会大会 2014年06月
  • ボタンイボタケ由来のp-ターフェニル誘導体のがん細胞増殖抑制効果の作用メカニズムと構造-活性相関の解明
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 佐野勇介, 佐藤たくと, 角田隆幸, 櫛部佳祐, 岩井 邦久, 松江一
    第68回日本栄養・食糧学会大会 2014年06月
  • りんご由来ペクチンのフラボノイド吸収促進作用とフラボノイド骨格との関係
    三浦恵美, 山下久美子, 森永八江, 西嶋智彦, 乗鞍敏夫, 岩井 邦久
    第68回日本栄養・食糧学会大会 2014年05月
  • りんご由来ペクチンのフラボノイド吸収促進作用とフラボノイド骨格との関係
    三浦恵美, 山下久美子, 森永八江, 西嶋智彦, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 68th 238 2014年04月
  • マボヤの筋膜体および被嚢が糖尿病ラットの血糖値に及ぼす影響
    北條勇平, 藤田有咲, 柴田修助, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 68th 310 2014年04月
  • ボタンイボタケ由来のp‐ターフェニル誘導体のがん細胞増殖抑制効果の作用メカニズムと構造‐活性相関の解明
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 佐野勇介, 佐藤たくと, 角田隆幸, 櫛部佳祐, 岩井邦久, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 68th 315 2014年04月
  • アルコール摂取ラットにおけるカワラケツメイの肝保護作用
    山下久美子, 濱野友里花, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本ヒューマンケア科学会誌 7(1) 42-43 2014年03月
  • アピオスから新規ACE阻害ペプチドの探索
    柴田修助, 金慶暁辰, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本ヒューマンケア科学会誌 7(1) 50-51 2014年03月
  • ボタンイボタケ由来のp‐ターフェニル誘導体の生理活性と構造‐活性相関の解明
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 佐野勇介, 佐藤たくと, 角田隆幸, 櫛部佳祐, 岩井邦久, 松江一
    日本ヒューマンケア科学会誌 7(1) 10-11 2014年03月
  • 食品由来成分のACE阻害活性に関する研究
    北條勇平, 青山美奈子, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    日本ヒューマンケア科学会誌 7(1) 40-41 2014年03月
  • カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究.
    岩井邦久, 山下久美子, 高田誓昌, 森永八江
    平成25年度産学連携研究報告書 1-10 2014年03月
  • ホヤの機能性研究.
    岩井 邦久
    平成25年度青森市受託研究報告書 1-60 2014年03月
  • ガマズミ・クラスター創成事業
    岩井 邦久
    平成25年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成事業実績報告書 1-10 2014年03月
  • ガマズミ果実の機能性の研究.
    岩井邦久
    平成25年度ガマズミ活用研究会受託研究報告書 1-21 2014年03月
  • ボタンイボタケ由来のp-ターフェニル誘導体の生理活性と構造-活性相関の解明.
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 佐野勇介, 佐藤たくと, 角田隆幸, 櫛部佳祐, 岩井邦久, 松江一
    2013年度青森県保健医療福祉研究発表会・日本ヒューマンケア科学学会第6回学術集会合同集会 2013年12月
  • アルコール摂取ラットにおけるカワラケツメイの肝保護作用.
    山下久美子, 濱野友里花, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2013年度青森県保健医療福祉研究発表会・日本ヒューマンケア科学学会第6回学術集会合同集会 2013年12月
  • 食品由来成分のACE阻害活性に関する研究.
    北條勇平, 青山美奈子, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2013年度青森県保健医療福祉研究発表会・日本ヒューマンケア科学学会第6回学術集会合同集会 2013年12月
  • アピオスから新規ACE阻害ペプチドの探索.
    倉本修助, 金慶暁辰, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
    2013年度青森県保健医療福祉研究発表会・日本ヒューマンケア科学学会第6回学術集会合同集会 2013年12月
  • 北の地域における食資源の研究と産学官連携による食品開発
    岩井邦久, 倉本修助, 中館洋一
    New Food Ind 55(7) 25-35 2013年07月
  • フラボノールの生体内吸収に及ぼすりんご由来ペクチンの作用.
    岩井邦久, 山下久美子, 三浦恵美, 森永八江, 西嶋智彦
    第67回日本栄養・食糧学会大会 2013年05月
  • アルコール性肝障害ラットにおけるカワラケツメイの作用.
    森永八江, 濱野友里花, 岩井邦久
    第67回日本栄養・食糧学会大会 2013年05月
  • アルコール性肝障害ラットにおけるカワラケツメイの作用
    森永八江, 濱野友里花, 岩井邦久
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 67th 141 2013年04月
  • フラボノールの生体内吸収に及ぼすりんご由来ペクチンの作用
    岩井邦久, 山下久美子, 三浦恵美, 森永八江, 西嶋智彦
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 67th 141 2013年04月
  • ボタンイボタケ由来p‐ターフェニル誘導体のがん細胞特異的な細胞毒性における作用メカニズムと構造―活性相関の解明
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 佐野勇介, 佐藤たくと, 角田隆幸, 櫛部佳祐, 森永八江, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2013 3C21A06 (WEB ONLY) 2013年03月
  • ガマズミ果実の機能性の研究.
    岩井邦久
    平成24年度ガマズミ活用研究会受託研究報告書 1-19 2013年03月
  • ガマズミ・クラスター創成事業.
    岩井邦久
    平成24年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成事業実績報告書 1-13 2013年03月
  • ホヤの機能性研究.
    岩井邦久
    平成24年度青森市受託研究報告書 1-73 2013年03月
  • ボタンイボタケ由来p-ターフェニル誘導体のがん細胞特異的な細胞毒性における作用メカニズムと構造-活性相関の解明.
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 佐野勇介, 佐藤たくと, 角田隆幸, 櫛部佳祐, 森永八江, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会2013年度大会 2013年03月
  • リンゴ由来ペクチン摂取によるケルセチンの抗酸化能の増強.
    岩井邦久, 高見文月, 山下久美子, 森永八江, 瀧田佳樹, 西嶋智彦
    第66回日本栄養・食糧学会大会 2012年05月
  • リンゴ由来ペクチン摂取によるケルセチンの抗酸化能の増強
    岩井邦久, 高見文月, 山下久美子, 森永八江, 瀧田佳樹, 西嶋智彦
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 66th 167 2012年04月
  • 山の果実ガマズミ (神ッ実) の素材化と機能性
    岩井 邦久
    FOODEX JAPAN 2012セミナー 2012年03月
  • アピオスから発見したACE阻害ペプチドと血圧降下作用.
    岩井邦久, 倉本修助, 金慶暁辰, 森永八江, 松江一, 北村勉
    2011年度青森県保健医療福祉研究発表会 2012年02月
  • Isolation and identification of thelephantin O and vialinin A with anticancer activity from Thelephora aurantiotincta.
    T.Norikura, K.Fujiwara, S.Yamaguchi, Y.Morinaga, K.Iwai, H.Matsue
    International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF2011), Taipei 2011年11月
  • A new ACE inhibitory and antihypertensive peptide derived from jellyfish Stomolophus nomurai.
    Y.Morinaga, K.Iwai, H.Tomita, Y.Takaya, T.Naraoka, H.Matsue
    International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF2011), Taipei 2011年11月
  • アピオス由来のACE阻害ペプチドの解明.
    岩井邦久, 倉本修助, 森永八江, 松江一
    第65回日本栄養・食糧学会大会 2011年05月
  • アピオス由来のACE阻害ペプチドの解明
    岩井邦久, 倉本修助, 森永八江, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 65th 154 2011年04月
  • ガマズミ果実(神ツ実)の機能性と応用開発 (特集 野菜と果実のちから)
    岩井 邦久, 中館 洋一
    Food style 21 15(4) 35-37 2011年04月
  • エチゼンクラゲ由来降圧活性ペプチドの由来タンパク質の探索
    森永八江, 岩井邦久, 内沢秀光, 富田秀弘, 松江一
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011 83 2011年03月
  • ボタンイボタケの抗がん作用の解明
    乗鞍敏夫, 藤原憲秀, 山口信哉, 森永八江, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2011 193 2011年03月
  • 糖尿病モデルマウスにおける海藻ツルアラメの血糖上昇抑制作用
    岩井邦久, 柏倉大作, 森永八江, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 64th 167 2010年05月
  • 海藻ツルアラメの生理機能と有効利用に関する研究.
    岩井邦久, 柏倉大作, 森永八江, 松江一
    第64回日本栄養・食糧学会大会 2010年05月
  • ヘキサペプチドのC末端アミノ酸グルタミン酸をグルタミンにしたときの降圧活性に及ぼす影響
    森永八江, 岩井邦久, 高谷芳明, 奈良岡哲志, 松江一
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2010 163 2010年03月
  • ヘキサペプチドのC末端アミノ酸グルタミン酸をグルタミンにしたときの降圧活性に及ぼす影響.
    森永八江, 岩井邦久, 高谷芳明, 奈良岡哲志, 松江一
    2010年度農芸化学会 2010年03月
  • アピオス花のマルターゼ阻害作用に関する研究.
    岩井邦久, 川村仁, 森永八江, 小渡晃, 北村勉, 松尾俊介, 小原麻智子, 松江一
    2009年度青森県保健医療福祉研究発表会 2010年02月
  • ツルアラメの血糖上昇抑制作用と有効利用に関する研究.
    岩井邦久, 柏倉大作, 森永八江, 松江一
    2009年度青森県保健医療福祉研究発表会 2010年02月
  • 生体内抗酸化--抗酸化物質の生体利用と活性発現 (特集 食品抗酸化物質の評価と応用)
    岩井 邦久, 西嶋 智彦
    食品・食品添加物研究誌 215(1) 38-45 2010年
  • 青森県立保健大学における栄養学研究--食品からのアプローチ 地域食資源の栄養と生理機能に関する研究
    岩井 邦久, 森永 八江, 川村 仁, 西嶋 智彦, 倉本 修助, 成田 嵩信, 中館 洋一, 松江 一
    青森県立保健大学雑誌 10(2) 243-250 2009年12月
  • アピオス花が有するα-グルコシダーゼ阻害作用に関する研究.
    川村仁, 岩井邦久, 松江一, 小渡晃,北村勉, 松尾俊介, 小原麻智子
    第14回日本フードファクター学会 2009年11月
  • Health promoting properties of Viburnum dilatatum Thunb fruit and its anthocyanin constituents.
    K. Iwai, J.Kawamura, H.Matsue
    5th International Workshop on Anthocyanins, 2009 in Japan, 2009/9/15-18, Nagoya 2009年09月
  • ガマズミ果実残渣から新規粉末素材の開発.
    岩井邦久
    イノベーション・ジャパン2009新技術説明会 2009年09月
  • 食酢に含まれる酢酸以外の降圧成分の構造と機能に関する研究 (2008年度青森県保健医療福祉研究発表会抄録)
    森永 八江, 奈良岡 哲志, 岩井 邦久, 松江 一
    青森県立保健大学雑誌 10(1) 109-111 2009年06月
  • メチルエステル化度によって異なるペクチンのケルセチン吸収促進効果
    瀧田佳樹, 西嶋智彦, 齋藤康雄, 池田隆幸, 松江一, 岩井邦久
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 63rd 155 2009年05月
  • りんご由来ペクチンがヒトでのケルセチン吸収に及ぼす影響
    西嶋智彦, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 池田隆幸, 松江一, 岩井邦久
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 63rd 155 2009年05月
  • りんご由来ペクチンがヒトでのケルセチン吸収に及ぼす影響.
    西嶋智彦, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 池田隆幸, 松江一, 岩井邦久
    第63回日本栄養・食糧学会大会 2009年05月
  • メチルエステル化度によって異なるペクチンのケルセチン吸収促進効果.
    瀧田佳樹, 西嶋智彦, 齋藤康雄, 池田隆幸, 松江一, 岩井邦久
    第63回日本栄養・食糧学会大会 2009年05月
  • エチゼンクラゲ由来ペプチドの血圧降下作用に関する研究
    森永八江, 富田秀弘, 奈良岡哲志, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2009 222 2009年03月
  • エチゼンクラゲ由来ペプチドの血圧降下作用に関する研究.
    森永八江, 富田秀弘, 奈良岡哲志, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会2009年度大会 2009年03月
  • アピオス花による新規機能性成分の探索.
    川村仁, 岩井邦久, 松江一, 小渡晃, 北村勉, 松尾俊介
    2008年度青森県保健医療福祉研究発表会 2009年02月
  • 食酢に含まれる酢酸以外の降圧成分の構造と機能に関する研究.
    森永八江, 奈良岡哲志, 岩井邦久, 松江一
    2008年度青森県保健医療福祉研究発表会 2009年02月
  • エチゼンクラゲの有効利用を目的とした降圧ペプチドの配列に関する研究.
    松江一, 森永八江, 岩井邦久, 富田秀弘, 奈良岡哲志
    2008年度青森県保健医療福祉研究発表会 2009年02月
  • アピオス花の生理活性および活性成分の探索.
    川村仁, 岩井邦久, 松江一, 小渡晃, 北村勉, 松尾俊介
    第13回日本フードファクター学会 2008年11月
  • 褐藻ツルアラメ・ポリフェノールのグルコシダーゼ阻害活性に関する研究.
    柏倉大作, 岩井邦久, 松江一, 原高明
    第13回日本フードファクター学会 2008年11月
  • ケルセチンのマウス体内動態に及ぼすりんごペクチンの影響
    岩井邦久, 西嶋智彦, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 松江一
    日本食品科学工学会大会講演集 55th 66 2008年09月
  • ケルセチンのマウス体内動態に及ぼすりんごペクチンの影響.
    岩井邦久, 西嶋智彦, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 松江一
    日本食品科学工学会第55回大会 2008年09月
  • フラボノイドの吸収に及ぼすリンゴ由来ペクチンの影響.
    岩井邦久, 西嶋智彦, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 松江一
    第2回東北糖鎖研究会 2008年09月
  • High-methoxylated apple pectin enhances the intestinal absorption of quercetin.
    T.Nishijima, K. Iwai, Y.Takida, Y. Saito, H.Matsue
    24th International Conference on Polyphenol, 2008/7/8-11, Salamanca, Spain 2008年07月
  • エチゼンクラゲの有効利用に関する研究 : 高濃度ペプチド溶液の調製法の開発 (2007年度青森県保健医療福祉研究発表会抄録)
    森永 八江, 岩井 邦久, 富田 秀弘, 奈良岡 哲志, 松江 一
    青森県立保健大学雑誌 9(1) 97-98 2008年06月
  • ケルセチン吸収に及ぼすりんご由来ペクチンの影響.
    西嶋智彦, 岩井邦久, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 松江一
    第62回日本栄養・食糧学会大会 2008年05月
  • エチゼンクラゲの有効利用を目的とした降圧ペプチドの分離精製.
    森永八江, 岩井邦久, 富田秀弘, 奈良岡哲志, 松江一
    第62回日本栄養・食糧学会大会 2008年05月
  • ケルセチン吸収に及ぼすりんご由来ペクチンの影響
    西嶋智彦, 岩井邦久, 瀧田佳樹, 齋藤康雄, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 62nd 245 2008年04月
  • エチゼンクラゲの有効利用を目的とした降圧ペプチドの分離精製
    森永八江, 岩井邦久, 富田秀弘, 奈良岡哲志, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 62nd 279 2008年04月
  • エチゼンクラゲの有効利用に関する研究. 高濃度ペプチド溶液の調製法の開発.
    森永八江, 岩井邦久, 富田秀弘, 奈良岡哲志, 松江一
    2007年度青森県保健医療福祉研究発表会 2008年02月
  • Antioxidative and antihyperglycemic effects of dietary Viburnum dilatatum pomace polyphenols in diabetic mice.
    K.Iwai, A.Onodera, K.Iwai, H.Matsue
    3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007), 2007/11/25-28, Kyoto 2007年11月
  • α-Glucosidase inhibitory activity of brown algae Ecklonia stolonifera polyphenol.
    D.Kashiwakura, H.Matsue, K. Iwai
    3rd International Conference on Polyphenols and Health (ICPH2007), Kyoto 2007年11月
  • Suppressing effect of Apios americana on blood pressure in SHR and its active peptide.
    K. Iwai, S.Kuramoto, H.Matsue
    International Conference on Food Factors for Health Promotion (ICoFF2007), Kyoto 2007年11月
  • 微弱発光測定による食品成分の抗酸化活性の評価に関する研究.
    岩井邦久
    青森県立保健大学研究談話会 2007年09月
  • 食品成分の微弱発光生成による抗酸化活性測定法に関する研究 (2006年度青森県保健医療福祉研究発表会抄録)
    岩井 邦久
    青森県立保健大学雑誌 8(1) 165-167 2007年06月
  • ガマズミ果実残渣由来ポリフェノールの酸化抑制効果.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 岩井佳代, 松江一
    第61回日本栄養食糧学会大会 2007年05月
  • りんごペクチンがフラボノイド吸収に与える影響.
    西嶋智彦, 岩井邦久, 齋藤康雄, 松江一
    第61回日本栄養食糧学会大会 2007年05月
  • りんごペクチンがフラボノイド吸収に与える影響
    西嶋智彦, 岩井邦久, 齋藤康雄, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 61st 148 2007年04月
  • ガマズミ果実残渣由来ポリフェノールの酸化抑制効果
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 岩井佳代, 松江一
    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集 61st 155 2007年04月
  • 食品成分の微弱発光生成による抗酸化活性測定法に関する研究.
    岩井邦久
    青森県保健医療福祉研究発表会 2007年02月
  • 共同研究による地域食資源の高付加価値化 : 食産業界との産学連携 (<特集>産学官共同研究の現状と課題)
    岩井 邦久
    青森県立保健大学雑誌 7(2) 303-308 2006年12月
  • ガマズミ (Viburnum dilatatum Thunb) 果実搾汁残渣の血糖降下作用.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 岩井佳代, 松江一
    第11回日本フードファクター学会学術集会 2006年11月
  • 褐藻ツルアラメの糖尿病モデルマウスにおける抗酸化および高血糖抑制効果.
    岩井邦久, 松江一
    第60回日本栄養・食糧学会大会 2006年05月
  • 褐藻ツルアラメの糖尿病モデルマウスにおける抗酸化および高血糖抑制効果
    岩井邦久, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 60th 203 2006年04月
  • アオピス(Apios americana)からのACE阻害活性成分
    倉本修助, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会大会講演要旨集 2006 211 2006年03月
  • 21世紀型健康社会に向けた「食」の高度化―県産農水産物を活用した産業振興モデル―(『知』の結集プロジェクト研究推進事業)
    岩井邦久
    青森県工業総合研究センター事業報告書(CD-ROM) 2004 ROMBUNNO.3.-7) 2006年03月
  • アピオス (Apios americana) からのACE阻害活性成分.
    倉本修助, 岩井邦久, 松江一
    日本農芸化学会2006年度大会 2006年03月
  • 青森県の味覚調査研究に関する一考察 (第3回青森県立保健大学学術研究集会抄録)
    岩井 邦久
    青森県立保健大学雑誌 6(3) 434-435 2005年12月
  • アピオス (Apios americana) の降圧作用成分の分離と同定について (第3回青森県立保健大学学術研究集会抄録)
    倉本 修助, 岩井 邦久, 松江 一
    青森県立保健大学雑誌 6(3) 428-430 2005年12月
  • XYZ-dish method for evaluation of antioxidative foods and phytochemicals.
    K. Iwai, H.Matsue
    PACIFICHEM2005, Hawaii, USA 2005年12月
  • ガマズミ (Viburnum dilatatum Thunb) 果実搾汁残渣の抗酸化作用.
    岩井邦久, 岩井佳代, 小野寺昭夫, 松江一
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第29回大会 2005年10月
  • 青森県の味覚調査研究に関する一考察.
    岩井邦久
    第3回青森県立保健大学学術研究集会 2005年09月
  • 「食」と「健康」を科学する (地域の活力創出を目指して).
    岩井邦久
    青森県立保健大学研究談話会 2005年07月
  • 高血圧ラットに及ぼすアピオス (Apios americana) の生理作用.
    岩井邦久, 倉本修助, 松江一
    第59回日本栄養・食糧学会大会 2005年05月
  • アピオス (Apios americana) の血圧上昇抑制成分の分析.
    倉本修助, 岩井邦久, 松江一
    第59回日本栄養・食糧学会大会 2005年05月
  • 高血圧ラットに及ぼすアピオス(Apios americana)の生理作用
    岩井邦久, 倉本修助, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 59th 190 2005年04月
  • アピオス(Apios americana)の血圧上昇抑制成分の分析
    倉本修助, 岩井邦久, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 59th 190 2005年04月
  • ガマズミの生理作用および味覚に関する研究
    岩井邦久, 小野寺昭夫
    青森県工業総合研究センター事業報告書(CD-ROM) 2003 99-108 2005年03月
  • 健康な高齢化社会に貢献する味覚及び味覚成分の研究開発
    岩井邦久
    青森県工業総合研究センター事業報告書(CD-ROM) 2003 123-129 2005年03月
  • 県産農水産物を活用した産業振興モデル.
    岩井邦久
    「知」の結集プロジェクト研究推進事業研究成果報告会 2005年03月
  • ガマズミ果実搾汁残渣の素材化と機能性.
    岩井邦久
    平成16年度工業総合研究センター研究成果発表会 2005年03月
  • 「食」の科学と「食育」--生活習慣病予防のために (未病と食育 北のまほろばフォーラム2005)
    岩井 邦久
    日本未病システム学会雑誌 11(2) 284-289 2005年
  • ツルアラメ (Ecklonia stlonifera) の生理活性に関する研究.
    岩井邦久
    第38回日本栄養・食糧学会東北支部大会 2004年10月
  • ガマズミ果実の抗酸化作用の臨床的検討.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 山端照夫, 松江一
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第28回大会 2004年10月
  • ツルアラメのポリフェノールに関する研究.
    岩井邦久
    平成16年度産業技術連携推進会議生命工学部会東北・北海道地域部会 2004年09月
  • Polyphenol constituents and antioxidant properties of the fruits of Viburnum dilatatum Thunb, and its usefulness for health benefits.
    K.Iwai, M.Y.Kim, H.Matsue
    22th International Conference on Polyphenol, Helsink, Finland 2004年08月
  • ガマズミ果実の抗酸化成分と糖尿に対する作用.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 金美蓮, 松江一
    第58回日本栄養・食糧学会大会 2004年05月
  • ガマズミ果実の抗酸化成分と糖尿に対する作用
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 金美蓮, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 58th 194 2004年04月
  • ガマズミ・ポリフェノールの生活習慣病予防効果と作用成分.
    岩井邦久
    平成15年度工業総合研究センター研究成果発表会 2004年03月
  • ガマズミ・アントシアニンの生活習慣病予防効果と作用成分.
    岩井邦久
    第3回環境調和型リンゴリサイクル研究会 2004年03月
  • ガマズミ・アントシアニンの生理機能について.
    岩井邦久
    平成15年度ライフサイエンス分野融合会議・生命工学部会バイオテクノロジー研究会 2004年02月
  • Physiological effects and active ingredients of Viburnum dilatatum Thunb fruits on oxidative stress.
    K.Iwai, M.Y.Kim, A.Onodera, H.Matsue
    The 3rd International Conference of Food Factors (ICoFF-3), Tokyo 2003年12月
  • 県産農水産物を活用した産業振興モデル.
    岩井邦久
    北東北公設試技術連携推進会議・第1回食品関係担当者会議 2003年11月
  • 高齢社会を迎えて地域食品資源に新たな付加価値を.
    松江一, 岩井邦久
    第37回日本栄養・食糧学会東北支部会一般公開シンポジウム 2003年10月
  • アピオス (Apios americana) の血圧および脂質代謝に及ぼす影響.
    岩井邦久
    第37回日本栄養・食糧学会東北支部・北海道支部合同大会 2003年10月
  • ガマズミ果実に含まれる抗酸化成分とその作用に関する研究.
    岩井邦久, 金美蓮, 小野寺昭夫, 松江一
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第27回大会 2003年10月
  • ガマズミ果実中の機能性色素に関する研究
    金美蓮, 岩井邦久, 松江一
    日本食品科学工学会大会講演集 50th 43 2003年09月
  • ガマズミ果実中の色素成分に関する研究.
    金美蓮, 岩井邦久, 松江一
    第50回日本食品科学工学会大会 2003年09月
  • アピオス (アメリカ・ホドイモ) の生理作用に関する研究.
    岩井邦久
    平成15年度産業技術連携推進会議生命工学部会東北北海道地域部会 2003年09月
  • 実験的糖尿病ラットにおけるガマズミ果実の抗酸化作用.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 金美蓮, 松江一
    第57回日本栄養・食糧学会大会 2003年05月
  • 実験的糖尿病ラットにおけるガマズミ果実の抗酸化作用
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 金美蓮, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 57th 178 2003年04月
  • Development of shijimi (Corbicula japonica) clam extract having high additional values for human health.
    H.Uchisawa, A.Sato, F.Yamamoto, K.Iwai, J.Ichita, H.Matsue, C.Tsukamoto, T.Ono
    Novel Marine Functional Compounds or Materials and High Value-Added Use of Marine Bioresources, Gangneung, Korea 2002年11月
  • ガマズミ果実の酸化傷害抑制作用と作用メカニズムについて.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 金美蓮, 松江一
    第7回JSoFF学術集会 2002年11月
  • ガマズミ果実の抗酸化成分に関する研究.
    金美蓮, 岩井邦久, 松江一
    第7回JSoFF学術集会 2002年11月
  • ガマズミ果実の抗酸化作用: 特に糖尿病に対する作用について.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 松江一
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第26回大会 2002年10月
  • Creation of super healthy foods using photon detection.
    K.Iwai, K.Abe, J.Ichita, 他2名
    Functional Properties and Advanced Processing of Regional Food Materials, Taegu, Korea 2002年08月
  • 納豆の動脈硬化予防に寄与する生理作用.
    岩井邦久, 中谷夏子, 川崎良博, 松江一
    第56回日本栄養・食糧学会大会 2002年07月
  • 納豆の動脈硬化予防に寄与する生理作用
    岩井邦久, 中谷夏子, 川崎良博, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 56th 241 2002年06月
  • ヤマトシジミの低温処理によるオルニチンの生成.
    内沢秀光, 岩井邦久, 市田淳治, 松江一
    第16回海洋生物活性談話会 2002年06月
  • シジミエキスの肝機能改善効果.
    内沢秀光, 岩井邦久, 佐藤新, 工藤史子
    平成13年度青森県産業科学技術研究発表会 2002年01月
  • 産学官共同研究で見出された納豆とガマズミの生理作用について.
    岩井邦久
    産業技術研究交流フェア第1回東北産業技術研究交流会 2002年01月
  • 海外研修報告 11th World Congress of Food Science and Technology (第11回世界食品科学工学学会) に参加して
    岩井 邦久
    AITEM(29) 43-46 2001年12月
  • 抗酸化性食品の探索, 開発に対する青森県の取り組み: フォトンを利用した県産食品素材の抗酸化活性評価.
    岩井邦久
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第25回大会 2001年10月
  • Antioxidative activities of Korean tea and tea materials by a simple and fast method.
    S.K.Chung, S.L.Oh, K. Iwai, H.Matsue
    2001 International Conference on O-CHA (tea) Culture and Science, Shizuoka. 2001年10月
  • ガマズミ果実の酸化傷害抑制効果と作用メカニズム.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 松江一
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第25回大会 2001年10月
  • 納豆成分のLDL酸化抑制効果.
    中谷夏子, 岩井邦久, 川崎良博, 松江一
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第25回大会 2001年10月
  • 納豆のLDL酸化抑制効果について.
    岩井邦久, 中谷夏子, 川崎良博, 松江一
    平成13年度産業技術連携推進会議生命工学部会東北・北海道地域部会研究発表会 2001年09月
  • Antioxidant activities of Korean health tea products by chemiluminescence photon detection method: Correlation with catechin content in normal drinking condition.
    S.K.Chung, Y.C.Kim, W.S.Jeong, K.Iwai, H.Matsue
    Institute of Food Technologist Annual Meetings and Food Exposition, New Orleans, USA. 2001年06月
  • ガマズミ果実の生体内における抗酸化作用メカニズムについて.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 松江一
    第55回日本栄養・食糧学会大会 2001年05月
  • 冷凍処理によるシジミエキスの改良とマウスの大量アルコール投与試験における効果.
    内沢秀光, 岩井邦久, 佐藤新, 他6名
    第55回日本栄養・食糧学会大会 2001年05月
  • 食品の抗酸化活性と生理作用の関連.
    岩井邦久, 中谷夏子, 小野寺昭夫
    平成10〜12年度キープロジェクト研究成果発表会 2001年05月
  • 大豆加工食品の生理作用に関する研究.
    中谷夏子, 岩井邦久
    平成10〜12年度キープロジェクト研究成果発表会 2001年05月
  • シジミの冷凍処理によるエキスの改良.
    内沢秀光, 岩井邦久, 奈良岡哲志
    平成10〜12年度キープロジェクト研究成果発表会 2001年05月
  • ガマズミ果実の生体内における抗酸化作用メカニズムについて
    岩井邦久, 松江一, 小野寺昭夫
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 55th 238 2001年04月
  • 冷凍処理によるシジミエキスの改良とマウスの大量アルコール投与試験における効果
    内沢秀光, 岩井邦久, 佐藤新, 工藤史子, 奈良岡哲志, 市田淳治, 松江一, 佐々木甚一, 石田邦夫
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 55th 166 2001年04月
  • XYZ-dish method as a new antioxidant activity assay using photon detection.
    K.Iwai, K.Abe, S.K.Chung, H.Matsue
    11th World Congress of Food Science and Technology, Seoul, Korea. 2001年04月
  • Antioxidant activity of Gamazumi (Viburnum dilatatum) on oxidative damage induced by water immersion restraint stress in rats.
    K.Iwai, A.Onodera, H.Matsue
    11th World Congress of Food Science and Technology, Seoul, Korea. 2001年04月
  • Antioxidative activities of Korean health tea products by XYZ-dish method of chemiluminescence photon detection.
    S.K.Chung, Y.C.Kim, K. Iwai, H.Matsue
    11th World Congress of Food Science and Technology, Seoul, Korea 2001年04月
  • ガマズミの研究を通して機能性食品の現状と未来を考える.
    岩井邦久
    平成12年度青森県産業科学技術研究発表会 2001年01月
  • 新技術を活用したスーパーヘルシー食品の開発を目指して(2)抗酸化性の高い食品の探索と体に与える効果
    岩井 邦久
    AITEM(25) 3-15 2000年07月
  • ガマズミ飲料「ジョミ」の抗酸化活性と抗潰瘍作用.
    岩井邦久, 小野寺昭夫, 松江一
    第54回日本栄養・食糧学会大会 2000年05月
  • ガマズミ飲料「ジョミ」の抗酸化活性と抗潰よう作用
    岩井邦久, 松江一, 小野寺昭夫
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 54th 97 2000年04月
  • フォトン検出による新規抗酸化活性評価法としての XYZ-dish 法の確立
    岩井 邦久, 阿部 馨, 松江 一
    日本食品科学工学会誌 47(3) 181-190 2000年03月
  • XYZ-dish法により評価した市販茶飲料の抗酸化活性とカテキン濃度との関連
    岩井 邦久, 佐藤 麻里母, 松江 一
    日本食品科学工学会誌 47(2) 120-129 2000年02月
  • 機能性食品の生理作用に関する研究.
    岩井邦久
    平成11年度青森県産業科学技術研究発表会 2000年01月
  • 新技術を活用したスーパーヘルシー食品の開発を目指して(1)フォトン検出による新規な抗酸化活性評価法とは?
    岩井 邦久
    AITEM(23) 3-19 1999年11月
  • フォトン検出による食品の抗酸化活性評価法 (XYZ-dish法) の検討.
    岩井邦久, 佐藤麻里母, 阿部馨, 松江一
    第53回日本栄養・食糧学会大会 1999年05月
  • フォトン検出による食品の抗酸化活性評価法(XYZ‐dish法)の検討
    岩井邦久, 佐藤麻里母, 阿部馨, 松江一
    日本栄養・食糧学会総会講演要旨集 53rd 143 1999年04月
  • フォトン検出による抗酸化活性評価.
    岩井邦久, 阿部馨, 松江一
    平成7〜9年度キープロジェクト研究成果発表会 1998年05月
  • バナジウムの生体内動態とその影響
    川村美笑子, 井戸達雄, 木村修一, 岩井邦久, 山本文美子, 岩田錬
    Biomed Res Trace Elem 1(2) 271-272 1990年12月
  • Trace elements in cancer diagnosis: Localizing of [48V]vanadyl-chlorin e6Na in tumor.
    S.Kimura, K.Iwai, T.Ido, R.Iwata
    4th International Trace Element Symposium, Budapest, Hungary. 1990年08月
  • Behavior of vanadium in animal brain.
    T.Ido, F.Yamamoto, R.Iwata, K.Ishiwata, S.Kimura, K.Iwai, M.Kawamura
    4th International Trace Element Symposium, Budapest, Hungary. 1990年08月
  • [48V]vanadyl-chlorin as a new tumor-imaging agent.
    K.Iwai, T.Ido, R.Iwata, S.Kimura
    The 1989 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Hawaii, USA. 1989年12月
  • クロリン金属キレートの光力学作用および癌診断への応用.
    岩井邦久, 木村修一, 井戸達雄, 岩田錬
    第48回日本癌学会総会 1989年10月
  • Trace elements in cancer diagnosis.
    S.Kimura, K.Iwai, K.Saitoh, 他5名
    2nd Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans, Tokyo, Japan. 1989年08月
  • Specific localization of titanium ascorbate (Ti-AsA) in rat kidney.
    K.Saitoh, K.Inoue, K.Iwai, M.Kawamura, S.Kimura, K.Ishiwata, R.Iwata
    2nd Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans, Tokyo, Japan. 1989年08月
  • Effect of vanadate on neroreceptor function.
    T.Ido, F.Yamamoto, R.Iwata, K.Ishiwata, S.Kimura, K.Iwai, M.Kawamura
    2nd Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans, Tokyo, Japan. 1989年08月
  • V-48 vanadyl-chlorin as a new tumor imaging agent.
    K.Iwai, T.Ido, R.Iwata, S.Kimura
    The Society of Nuclear Medicine, 36th Annual Meeting, St.Louis, USA. 1989年07月
  • クロリン金属キレートの光力学作用.
    岩井邦久, 千葉ゆかり, 木村修一, 増子信郎, 頼春樹, 町田博, 斉藤千夏, 稲場文男
    第11回光医学光生物学会大会 1989年06月
  • バナジウムの生体内動態と脳神経への影響.
    井戸達雄, 山本文美子, 石渡喜一, 岩田錬, 木村修一, 岩井邦久, 川村美笑子
    第6回微量栄養素研究会シンポジウム 1989年05月
  • 45Ti-Ascorbateの生体内挙動.
    斎藤和子, 木村修一, 岩井邦久, 他4名
    第6回微量栄養素研究会シンポジウム 1989年05月
  • レーザー光励起一重項酸素分子増感色素のFM3A細胞に対する光化学効果びよる一重項酸素分子の検討.
    町田博, 益子信郎, 岩井邦久, 水本巌, 木村修一, 稲場文男 
    第36回応用物理学関係連合講演会 1989年03月
  • バナジウム-48化合物の体内分布および腫瘍診断への応用.
    岩井邦久
    第1回バナジウムと生体ミニシンポジウム 1988年12月
  • バナジウム-48の製造法.
    岩田錬, 井戸達雄, 石渡喜一, 山本文美子, 岩井邦久
    第1回バナジウムと生体ミニシンポジウム 1988年12月
  • クロリンe6およびその48Vキレート化合物を用いた癌の診断, 治療に関する基礎的研究.
    岩井邦久, 市原泰幸, 木村修一, 他2名
    第47回日本癌学会総会 1988年09月
  • フェオホーバイド誘導体の光力学作用および腫瘍集積性.
    岩井邦久, 市原泰幸, 木村修一
    第10回光医学光生物学会大会 1988年06月
  • バナジウム化合物の生体内動態.
    岩井邦久
    第5回微量栄養素研究会シンポジウム 1988年04月
  • バナジウム化合物の体内分布に関する研究.
    岩井邦久, 木村修一, 井戸達雄, 岩田錬
    第32回日本農芸化学会総会 1988年04月
  • バナジウム化合物の体内分布に関する研究
    岩井 邦久, 木村 修一, 井戸 達雄, 岩田 錬
    日本農藝化學會誌 62(3) 1988年03月
  • V-48バナジル(IV)-フェオホーバイドの腫瘍集積性に関する研究.
    岩井邦久, 木村修一, 井戸達雄, 岩田錬
    第46回日本癌学会総会 1987年09月
  • フェオホーバイド二量体による腫瘍の光照射治療の試み.
    木村修一, 岩井邦久
    第46回日本癌学会総会 1987年09月
  • V-48 Vanadyl(IV)-pheophorbide as a new diagnostic agent.
    K.Iwai, T.Ido, R.Iwata, 他2名
    The Society of Nuclear Medicine, 34th Annual Meeting, Toronto, Canada. 1987年07月
  • V-48バナジル(IV)-フェオホーバイドの腫瘍診断への応用.
    岩井邦久, 木村修一, 井戸達雄, 岩田錬
    第9回光医学光生物学会大会 1987年06月
  • バナジウム[V-48]-フェオホーバイド化合物を用いた癌の診断, 治療に関する基礎的研究.
    岩井邦久, 木村修一, 井戸達雄, 岩田錬
    第45回日本癌学会総会 1986年10月
  • Pheophorbide, as a sensitizer of photodynamic therapy.
    S.Kimura, H.Nakamura, K.Iwai, F.Inaba
    14th International Cancer Congress, Budapest, Hungary. 1986年08月
  • Nutritional modification of trace element metabolism.
    S.Kimura, M.Kawamura, K.Inoue, K.Iwai, M.Komai, T.Ido, K.Ishiwata, R.Iwata
    The VIth UOEH International Symposium and The IIIrd COMTOX Bio- and Toxicokinetics of Metals, Kitakyushu City. 1986年07月
  • ポルフィリン類およびフィコビリン類の光力学作用に関する研究.
    岩井邦久, 堀込充, 木村修一
    第8回光医学光生物学会大会 1986年06月
  • フェオホーバイドの光力学作用による赤血球膜タンパク質成分の変化
    木村修一, 岩井邦久
    必須アミノ酸研究(108) 1-4 1985年10月
  • フェオホーバイドの光力学作用による赤血球膜タンパク質の変化.
    岩井邦久, 木村修一
    日本農芸化学会第102回東北支部大会 1985年10月
  • ガンphototherapyのsensitizerとしてのフェオホーバイドaについて.
    木村修一, 岩井邦久, 中村尚嗣, 稲場文男
    第44回日本癌学会総会 1985年10月
  • フェオホーバイドの光力学作用による赤血球膜損傷のメカニズム.
    木村修一, 高橋勇二, 岩井邦久
    第58回日本生化学会大会 1985年09月
  • 赤血球膜タンパク質に及ぼすフェオホーバイドa の光力学作用.
    岩井邦久, 木村修一
    第7回光医学光生物学会大会 1985年08月
  • フェオホーバイドの光力学作用による赤血球膜タンパク質成分の変化.
    木村修一, 岩井邦久
    必須アミノ酸研究会 1985年

受賞

  • 2013年11月 フード・アクション・ニッポンアワード2013研究開発・新技術部門入賞
  • 2011年11月 平成23年度青森糖質研究会遠藤賞
  • 2004年11月 平成16年度東北地方発明表彰発明奨励賞
  • 2003年09月 平成15年度全国地場産業優秀製品表彰
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2013年11月 フード・アクション・ニッポンアワード2013研究開発・新技術部門入賞
  • 2011年11月 平成23年度青森糖質研究会遠藤賞
  • 2004年11月 平成16年度東北地方発明表彰発明奨励賞
  • 2003年09月 平成15年度全国地場産業優秀製品表彰

外部資金等

  • 地域食材の特産活動を介した地域コミュニケーションの発展事業
    公益財団法人青森学術文化振興財団:平成27年度公益財団法人青森学術文化振興財団助成金
    研究期間 : 2015年 - 2016年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:受託研究
    研究期間 : 2015年 - 2016年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:受託研究
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 岩井 邦久
  • カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究.
    青森県立保健大学:平成26年度研究推進・知的財産センター指定型研究産学連携研究
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 岩井 邦久
  • カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究
    青森県立保健大学:平成25年度研究推進・知的財産センター指定型研究産学連携研究
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ果実の機能性の研究
    ガマズミ活用研究会:受託研究 (平成25年度)
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ・クラスター創成事業
    むつ小川原地域・産業振興財団:平成25年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成金
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:青森市受託研究 (平成25年度)
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • フラボノイドの生体利用性に及ぼす難消化性糖質、特にペクチンの影響に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • カワラケツメイの機能性の研究
    野辺地町観光協会:受託研究
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 森永八江, 岩井邦久
外部資金等を全て表示する
外部資金等閉じる
  • 地域食材の特産活動を介した地域コミュニケーションの発展事業
    公益財団法人青森学術文化振興財団:平成27年度公益財団法人青森学術文化振興財団助成金
    研究期間 : 2015年 - 2016年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:受託研究
    研究期間 : 2015年 - 2016年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:受託研究
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 岩井 邦久
  • カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究.
    青森県立保健大学:平成26年度研究推進・知的財産センター指定型研究産学連携研究
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 岩井 邦久
  • カワラケツメイの生理機能の探索と食品利用に関する研究
    青森県立保健大学:平成25年度研究推進・知的財産センター指定型研究産学連携研究
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ果実の機能性の研究
    ガマズミ活用研究会:受託研究 (平成25年度)
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ・クラスター創成事業
    むつ小川原地域・産業振興財団:平成25年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成金
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:青森市受託研究 (平成25年度)
    研究期間 : 2013年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • フラボノイドの生体利用性に及ぼす難消化性糖質、特にペクチンの影響に関する研究
    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    研究期間 : 2011年 - 2014年 代表者 : 岩井 邦久
  • カワラケツメイの機能性の研究
    野辺地町観光協会:受託研究
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 森永八江, 岩井邦久
  • ガマズミ果実の機能性の研究
    ガマズミ活用研究会:受託研究 (平成24年度)
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ・クラスター創成事業
    むつ小川原地域・産業振興財団:平成24年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成金
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 岩井 邦久
  • ホヤ機能性研究
    青森市:受託研究 (平成24年度)
    研究期間 : 2012年 - 2013年 代表者 : 岩井 邦久
  • アピオスの生理機能を活用した地域食品開発と廃棄物の有効利用に関する研究
    青森県立保健大学:研究推進・知的財産センター指定型研究・産学連携研究
    研究期間 : 2011年 - 2013年 代表者 : 岩井 邦久
  • 機能性素材データベース構築事業
    青森県:緊急雇用対策事業
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ果実の機能性の研究
    ガマズミ活用研究会:受託研究 (平成23年度)
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミ・クラスター創成事業
    むつ小川原地域・産業振興財団:平成23年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援助成金
    研究期間 : 2011年 - 2012年 代表者 : 岩井 邦久
  • アピオスの生理作用および作用成分の解明と健康食品開発に関する研究
    青森県立保健大学:実用技術開発研究
    研究期間 : 2009年 - 2011年 代表者 : 岩井 邦久
  • あおもり型健康ビジネス資源調査事業
    青森県:雇用創出委託事業
    研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 岩井 邦久
  • アピオスの降圧ペプチドに関する研究と素材化への応用
    JST:JSTシーズ発掘試験A (発掘型)
    研究期間 : 2009年 - 2010年 代表者 : 岩井 邦久
  • ガマズミを活用した地域を元気にするビジネスモデル
    青森県:医療・健康福祉関連産業ビジネスモデル構築事業
    研究期間 : 2008年 - 2009年 代表者 : 岩井 邦久
  • アピオス花の生理作用および作用成分の解明, ならびに有効利用に関する研究
    青森県立保健大学:実用技術開発研究
    研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 岩井 邦久
  • 海藻ツルアラメの生理作用と機能性成分に関する研究
    青森県立保健大学:健康科学特別研究
    研究期間 : 2007年 - 2009年 代表者 : 岩井 邦久
  • アピオスを使った健康用食品の開発
    青森県:医療・福祉関連産業創出育成支援事業費補助金
    研究期間 : 2006年 - 2007年 代表者 : 倉石地域振興公社
  • ガマズミ果実および搾汁残渣由来の抗酸化性に優れた新規素材開発, ならびにその生理機能および生物的利用能向上に関する研究
    青森県立保健大学:実用技術開発研究
    研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 岩井 邦久
  • 地域食資源アピオス (アメリカホドイモ) の生活習慣病の予防に寄与する生理機能成分の解明とその有用性を生かした食品素材の開発
    青森県立保健大学:実用技術開発研究
    研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 松江一
  • 食品成分の微弱発光生成メカニズムの解明および微弱発光検出による抗酸化活性測定法 (XYZ-dish法) の有用性向上に関する研究
    青森県立保健大学:健康科学特別研究
    研究期間 : 2005年 - 2007年 代表者 : 岩井邦久
  • 青森県自生山野草の活用による生活習慣病改善食品の開発
    青森県:平成16年度医療・福祉関連産業創出育成支援事業費補助金
    研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : かねさ株式会社
  • ガマズミ果汁および果実搾汁残渣を用いた新規健康食品の製造開発
    青森県:医療・福祉関連産業創出育成支援事業費補助金
    研究期間 : 2004年 - 2005年 代表者 : 小野寺醸造元
  • 県産農水産物を活用した産業振興モデル.
    21あおもり産業総合支援センター:「知」の結集プロジェクト研究推進事業
    研究期間 : 2002年 - 2005年 代表者 : 岩井邦久
  • 青森県自生山野草を利用した生活習慣青森県自生山野草を利用した便臭抑制機能を有する要介護者用食品の開発
    青森県:平成15年度医療・福祉関連産業創出育成支援事業費補助金
    研究期間 : 2003年 - 2004年 代表者 : かねさ株式会社
  • フォトン評価機器を利用したスーパーヘルシー食品の創造.
    :中小企業産業技術研究開発
    研究期間 : 1997年 - 1999年

外部委員歴

  • 岐阜県 岐阜県研究課題外部評価委員 2012年 - 現在
  • 青森市 青森市水産振興協議会副会長 2011年 - 現在
  • 青森県 イノベーション・ネットワークあおもり 2011年 - 現在
  • 青森県立保健大学知的財産委員会 2008年 - 現在
  • 日本未病システム学会 評議員 - 現在
  • 日本フードファクター学会 評議員 - 現在
  • 青森県 弘前地域研究所機能等調査検討委員会 2011年 - 2011年
  • 青森県 青森県総合販売戦略推進会議 2007年 - 2008年
  • 財団法人21あおもり産業総合支援センター あおもり地域産業総合支援会議 2005年 - 2008年
  • 青森県 青森県農林水産部流通加工課・需要創出検討委員会委員 2003年 - 2004年
外部委員歴を全て表示する
外部委員歴閉じる
  • 岐阜県 岐阜県研究課題外部評価委員 2012年 - 現在
  • 青森市 青森市水産振興協議会副会長 2011年 - 現在
  • 青森県 イノベーション・ネットワークあおもり 2011年 - 現在
  • 青森県立保健大学知的財産委員会 2008年 - 現在
  • 日本未病システム学会 評議員 - 現在
  • 日本フードファクター学会 評議員 - 現在
  • 青森県 弘前地域研究所機能等調査検討委員会 2011年 - 2011年
  • 青森県 青森県総合販売戦略推進会議 2007年 - 2008年
  • 財団法人21あおもり産業総合支援センター あおもり地域産業総合支援会議 2005年 - 2008年
  • 青森県 青森県農林水産部流通加工課・需要創出検討委員会委員 2003年 - 2004年
  • 青森県 青森県農産物流通加工課新商品開発検討委員会委員 2000年 - 2001年

講演・口頭発表等

  • 青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介
    平成27年度弘前大学地域資源利活用センターシンポジウム 2016年03月04日
  • 青森の食資源の機能性研究と開発 (特許事例).
    平成27年度学術研究機関・中小企業支援機関連携セミナー 2016年01月26日
  • 青森の海・山・畑の幸から健康に役立つ機能性の探索と利用.
    2015年日本農芸化学会東北支部市民フォーラム 2015年11月03日
  • 健康に役立つ食品の機能 地域食品の生理機能からトクホ、食品表示の新しい制度まで
    オープンキャンパス模擬講義 2015年08月09日
  • 青森県立保健大とグリコ乳業、リンゴペクチンがケルセチンの吸収性を高めLDL酸化抑制を増強、構造相関性も解明
    日経バイオテク 2015年06月05日
  • 山の恵み、ガマズミとジョミのお話.
    おいらせ町味味祭館感謝祭講演会 2014年11月02日
  • 陸奥湾産マボヤに関する大学の取組み (研究と利用).
    陸奥湾産マボヤ生産拡大に向けた研修会 2014年09月25日
  • 食べ物を科学する・・・食品の持つ働きを知り健康を考える.
    秋田県立由利高等学校・平成26年度大学出張講義 2014年07月22日
  • 県産食材で楽しく、おいしく、健康に! 栄養、味、機能性について学び、食卓に役立てましょう.
    地域コミュニティ手づくり講座第2回サロンほ・だあちゃ講演会 2014年09月21日
  • 抗酸化食品の栄養のお話 青森県産品を療養生活に取り入れよう!
    慢性疲労症候群 (CFS) 世界啓発デー講演会 2014年05月12日
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • 青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介
    平成27年度弘前大学地域資源利活用センターシンポジウム 2016年03月04日
  • 青森の食資源の機能性研究と開発 (特許事例).
    平成27年度学術研究機関・中小企業支援機関連携セミナー 2016年01月26日
  • 青森の海・山・畑の幸から健康に役立つ機能性の探索と利用.
    2015年日本農芸化学会東北支部市民フォーラム 2015年11月03日
  • 健康に役立つ食品の機能 地域食品の生理機能からトクホ、食品表示の新しい制度まで
    オープンキャンパス模擬講義 2015年08月09日
  • 青森県立保健大とグリコ乳業、リンゴペクチンがケルセチンの吸収性を高めLDL酸化抑制を増強、構造相関性も解明
    日経バイオテク 2015年06月05日
  • 山の恵み、ガマズミとジョミのお話.
    おいらせ町味味祭館感謝祭講演会 2014年11月02日
  • 陸奥湾産マボヤに関する大学の取組み (研究と利用).
    陸奥湾産マボヤ生産拡大に向けた研修会 2014年09月25日
  • 食べ物を科学する・・・食品の持つ働きを知り健康を考える.
    秋田県立由利高等学校・平成26年度大学出張講義 2014年07月22日
  • 県産食材で楽しく、おいしく、健康に! 栄養、味、機能性について学び、食卓に役立てましょう.
    地域コミュニティ手づくり講座第2回サロンほ・だあちゃ講演会 2014年09月21日
  • 抗酸化食品の栄養のお話 青森県産品を療養生活に取り入れよう!
    慢性疲労症候群 (CFS) 世界啓発デー講演会 2014年05月12日
  • "大学発"加工食品 機能性生かす 新たな収入源に期待 青森県立保健大.
    日本農業新聞15面 2014年05月28日
  • 陸奥湾産マボヤ研修会.
    NHKあっぷるワイド, 他 2014年09月25日
  • 大学は美味しいフェア・保健大ガマズミ販売.
    RABニュースレーダー, 青森放送 2014年05月28日
  • 慢性疲労症候群青い光通じ啓発.
    河北新報24面 2014年05月14日
  • 慢性疲労症候群知って.
    毎日新聞22面 2014年05月14日
  • 「第2回東北ご当地サミット」ジョミの特徴.
    8Bang!, 仙台放送 2014年07月26日
  • 大学発ベンチャー食品が、日本を救う! 『青森県立保健大学発のガマズミ果汁「ジョミ」』
    週刊プレイボーイ, No.48, 2014年12月1日号, 集英社 2014年11月17日
  • ガマズミ商品、東京のフェアでPR.
    デーリー東北4面 2014年02月13日
  • 青森県産品で健康になろう!~青森県の食材の栄養、知ってますか?
    平成25年度まちなかキャンパス 2014年02月01日
  • 産直施設で学生が被災地支援.
    広報おいらせ12月号 (まちのわだい) 2013年12月01日
  • 七戸町のアピオス.
    NHKあっぷるワイド (おらほの宝) 2013年11月25日
  • 自然の恵み (食) を生かした健康づくり.
    おいらせ町味祭館感謝祭講演 2013年11月03日
  • ガマズミの栄養 調理法を説明 八戸で健康教室.
    デーリー東北16面 2013年10月30日
  • 食と健康の関係、ガマズミの利用について.
    ガマズミ栄養健康教室・講演会 2013年10月25日
  • 感謝祭紹介.
    エフエム青森「OH!いらっせ♪~ぐるっと イイとこラジオ~」 2013年10月23日
  • 本県産機能性素材食品開発展に出品.
    東奥日報4面 2013年10月10日
  • 青森発、マタギの伝承「ガマズミ」と、リンゴとともに伝来した「アピオス」からの食素材開発.
    食品開発展2013地域プロジェクト 2013年10月09日
  • アピオ酢in青森りんご 青森県立保健大 青森育ち健康食、全国へ.
    日本経済新聞25面【キャンパス発 この一品】 2013年09月12日
  • アピオス花の保健効果とその開発.
    しちのへ元気倶楽部講演会 2013年08月22日
  • ホヤの機能性研究.
    第1回青森市水産振興協議会研修会 2013年07月25日
  • アピオスからアピオ酢?
    大学は美味しい!!講演会 2013年05月30日
  • 知って得するアピオス講座
    青森朝日放送・メッセージ 2013年03月02日
  • 下北産売り出そう 名付けて「はぴはぴアピオス」
    東奥日報朝刊・23面 2013年02月02日
  • アピオスの栄養・機能性と健康効果について 機能性研究から開発まで.
    下北アピオス・フォーラム 2013年02月01日
  • 地域食資源の有効利用を目指した機能性研究・・・アピオスを例に.
    青い森の機能性食材活用支援セミナー 2013年01月17日
  • 食と健康とガマズミの機能性.
    第3回ガマズミ栄養健康教室・講演会・十和田市 2012年11月16日
  • 食と健康とガマズミの機能性.
    第2回ガマズミ栄養健康教室・講演会・八戸市 2012年10月26日
  • 栽培のガマズミ 料理にどう活用、研究会が教室
    東奥日報朝刊・18面 2012年10月13日
  • ガマズミ使った料理6品に挑戦 三戸で栄養健康教室
    デーリー東北・15面 2012年10月10日
  • 食と健康とガマズミの機能性.
    第1回ガマズミ栄養健康教室・講演会・三戸町 2012年10月05日
  • 血圧降下成分あるアピオス入り飲料発売
    デーリー東北・13面 2012年09月30日
  • アピオスの血圧降下成分入り飲料・保健大、製造法で特許
    東奥日報・朝刊・1面 2012年09月27日
  • 食品学・・・栄養と食べること、健康食品.
    青森県立八戸南高等学校・平成23年度大学出張講義 2012年06月30日
  • 健康は食べ方次第 —管理栄養士のための食品科学—.
    青森県立三沢高等学校・平成24年度大学出張講義 2012年06月23日
  • 食と健康・・・食べ物と生活習慣病の予防.
    第34回飛び出せオープンカレッジ 2012年06月17日
  • 国内外バイヤーに青森の商品の魅力PR
    デーリー東北・4面 2012年03月09日
  • 山の果実ガマズミ (神ッ実) の素材化と機能性
    FOODEX JAPAN 2012セミナー 2012年03月06日
  • 短命県返上! いきいき健康づくり−健康は食べ方如何−
    青森保健生活協同組合・第4回組合員職員活動交流会講演会 2012年02月05日
  • 食品を科学する ~食品の成分と栄養、味、機能性~.
    青森県立弘前中央高等学校・平成23年度大学出張講義 2011年10月20日
  • 短命県返上! ~地域の食資源を活かして長生きしよう~
    第6回たべる・たいせつ食育フォーラム 2011年10月19日
  • 食品科学と栄養-食べ物を科学する・・・栄養, 味・色, 機能と健康-.
    青森県立青森戸山高等学校・平成23年度大学出張講義 2011年07月19日
  • 食品の科学 ~栄養と食べ物を食べること~.
    山形県立南陽高等学校・平成23年度大学出張講義 2011年07月14日
  • 栄養と食品 ~人は一生にいくら食べるのか~.
    岩手県立盛岡北高等学校・平成23年度大学出張講義 2011年06月22日
  • 自然の恵・地域の恵・県産食品で健康に~地域の食資源の機能性~
    青森県立保健大学公開講座 2011年05月28日
  • 自然からの恵みを感じましょう
    あおもり長寿セミナー 2011年03月05日
  • 食物と栄養 (健康のための食品科学).
    八戸西高等学校・平成22年度大学出前講義 2010年10月27日
  • 地域食資源の生理機能と研究開発について.
    盛岡第四高等学校・平成22年度大学出前講義 2010年10月21日
  • デイプラMONO事業部コーナー【アピオス (マメ科イモ) の血圧降下作用】
    日本テレビNEWS24「デイリー・プラネット ニュース&解説」 2010年10月15日
  • フードサイエンス -食べ物を科学する・・・栄養, 味, 機能と健康-.
    青森東高等学校平成22年度大学模擬講義 2010年09月17日
  • 食品学 −栄養と機能性−.
    弘前南高校・出張講義 2010年07月08日
  • 食品機能論 −食べ物と健康—.
    八戸南高校・出張講義 2010年06月26日
  • 青森県立保健大学・栄養学科 −特色と入学試験について—.
    弘前南高校・大学学部説明会 2010年06月24日
  • 北の地域資源から機能性食素材の開発.
    静岡県食品技術研修会 2010年03月03日
  • アピオスの花 血糖上昇抑制
    東奥日報朝刊 2010年02月24日
  • 青森県の機能性素材とその研究.
    ハクジュ・ライフサイエンス社特別講演会 2010年02月23日
  • つないで発信むらの宝【ガマズミ (青森県三戸町) "マタギの秘薬" 活用】
    日本農業新聞・11面 2010年01月06日
  • 管理栄養士になるには.
    弘前学院聖愛高校模擬講義 2009年11月21日
  • ガマズミを活用した地域を元気にするビジネスモデル.
    平成20年度医療・健康福祉関連産業ビジネスモデル構築事業成果報告会, 医療・健康福祉関連ビジネスサロン 2009年10月29日
  • ガマズミの成分、効能と機能性食品 —ジョミ, ガマズミ, 神ッ実・・・マタギの秘薬が特産品に—.
    三戸町商工会・ジョの実サンド商品化フォローアップ事業講演会 2009年10月27日
  • 地域の食資源と研究紹介 —栄養性と機能性—.
    平成21年度行政栄養士研修会講演会 2009年10月17日
  • ガマズミ果実残渣から新規粉末素材の開発.
    イノベーション・ジャパン2009新技術説明会 2009年09月17日
  • 雑穀
    東奥日報夕刊 2009年09月01日
  • 元気で長生きのために“食選力”を身につけよう.
    いただきます!あおもり食育県民大会西北大会 2009年06月28日
  • 評判です・ガマズミ
    読売新聞・朝刊・30面 2009年04月17日
  • ツルアラメに血糖抑制成分・県立保健大など特許出願
    東奥日報・朝刊・29面 2009年03月26日
  • あおもりウェルネスランド構想【ガマズミ活用研究会】
    RAB活彩あおもり 2009年03月22日
  • ガマズミの第一人者・身体の抗酸化力が向上
    デーリー東北・3面 2009年03月02日
  • 青森県産食材使いポン酢発売
    日本経済新聞・31面 2009年02月20日
  • ガマズミ使い2商品を開発・活用研究会
    東奥日報・朝刊・4面 2009年02月19日
  • ガマズミ活用・新商品をPR
    デーリー東北・4面 2009年02月19日
  • ガマズミ酒, ぽん酢開発・ガマズミ活用研究会
    RABニュースレーダー 2009年02月18日
  • ガマズミ新製品・ガマズミ活用研究会
    NHKニュースあっぷるワイド 2009年02月18日
  • あおもり型産学官連携モデルの構築に向けて.
    あおもり産学換金連携フォーラムパネルディスカッション 2009年01月27日
  • 共同研究から生まれた「ガマズミ活用研究会」・・・実用化のために.
    第2回北東北地域イノベーションフォーラム 2009年01月27日
  • 食品の健康機能-栄養と健康-・・・栄養学科とは何をするところか.
    青森県立青森南高校模擬講義 2008年11月19日
  • ゼリーなど製品化へ・青森県立保健大学グループ
    日本経済新聞・東北版 2008年10月31日
  • ピンピンコロリ、元気で長生き.
    地域キャンパス講座 2008年10月24日
  • 食品と栄養 (人は一生にどの位の食品を食べるのか)・・・健康への架け橋.
    青森県立青森東高校模擬講義 2008年10月10日
  • 食と栄養 (人は一生にどれだけ食糧を食べるのか)・・・健康への架け橋.
    青森県立青森戸山高校模擬講義 2008年10月07日
  • 栄養学・序の口.
    秋田県立能代北高校模擬講義 2008年09月10日
  • 食と栄養 (人は一生にどの位の食糧を食べるのか)・・・健康への架け橋.
    八戸高校模擬講義 2008年08月25日
  • ガマズミシャーベット! 酸っぱーい涼味. 明日から限定発売
    デーリー東北・16面 2008年08月08日
  • 酸味さわやか健康志向. ガマズミシャーベット完成
    東奥日報・16面 2008年08月08日
  • ピンピンコロリ、元気で長生きする食と栄養.
    平成20年度青森県立保健大学公開講座 2008年07月26日
  • “あおもりならではのメタボ対策関連ビジネス”事業展開のヒント. パネルディスカッション・コーディネーター.
    ヘルスアップビジネスセミナー 2008年06月03日
  • 企業から大学院生・県立保健大学
    日本経済新聞・東北版 2008年05月27日
  • 青森の地域食資源の機能性研究, 利用, 現場での活動.
    グリコ乳業株式会社講演会 2008年03月18日
  • ガマズミ活用研究会・ガマズミ試作.
    医療・健康福祉関連ビジネスサロン 2008年03月14日
  • 「地域資源を生かした産官学連携による地域産業の振興」~ガマズミやアピオスから三八の特産品作りを目指して~.
    地域産業活性化に向けた異業種交流講演会 2008年02月18日
  • 地域食資源に含まれる糖質の新しい生理機能—アピオス, リンゴを中心に―.
    第7回青森糖質研究会 青森におけるフードサイエンス ~地域活性化につなぐ糖質研究~ 2008年02月08日
  • 栄養学・序の口.
    三戸高校模擬講義in青森県立保健大学 2007年11月19日
  • ガマズミ商品開発・研究会がスタート
    東奥日報・朝刊・4面 2007年11月13日
  • ガマズミ商品開発支援・産学官連携で研究会
    デーリー東北・4面 2007年11月13日
  • ガマズミ活用研究会発足
    RABニュースレーダー 2007年11月12日
  • ガマズミ活用し商品開発へ
    ATVニュースワイド 2007年11月12日
  • 「ガマズミ」で商品開発・県内企業と県立保健大12日研究会設置
    東奥日報・朝刊・4面 2007年11月09日
  • 栄養学科序の口・人は一生にどの位の食物を食べるんだろうか.
    青森南高校出張講義 2007年11月08日
  • 栄養学科・人は一生にどの位の食物を食べるんだろうか.
    青森戸山高校出張講義 2007年10月30日
  • 海藻と健康.
    第9回食育と未病フォーラム 2007年10月27日
  • ガマズミ四方山話〜マタギの秘薬から健康食素材へ〜.
    医療・健康福祉関連ビジネスサロン講演会 2007年10月26日
  • まちかど情報室【ガマズミ】
    NHKおはようにっぽん 2007年10月12日
  • 青森県立保健大学・健康志向食品開発後押し
    日本経済新聞・朝刊・39面 2007年08月21日
  • 青森・三戸の醸造元と県立保健大学開発 ガマズミかすで粉末食品
    河北新報・朝刊・22面 2007年07月28日
  • 青森特産の果実ガマズミキャンディーなど商品化
    日本経済新聞・朝刊・35面 2007年07月25日
  • 青森でガマズミ残渣から健康食品
    産經新聞・朝刊・25面 2007年07月25日
  • 搾りかすが健康食品に
    東奥日報・朝刊・4面 2007年07月25日
  • ガマズミ粉末加工
    デーリー東北・朝刊・4面 2007年07月25日
  • ガマズミ粉末製品化
    ATVニュースワイド 2007年07月24日
  • ガマズミの搾りかすを有効活用
    ABAスーパーJチャンネルaba 2007年07月24日
  • 特産マメ科植物・アピオス使用 低カロリー食材開発
    河北新報・5面 2007年06月01日
  • アピオス原料、ヘルシーに「野菜のハム」いかが
    東奥日報・朝刊・4面 2007年06月01日
  • アピオスこんにゃく発売
    デーリー東北・4面 2007年06月01日
  • 野老ってなあに?え、これって食べられるの?
    RAB・かっぺいのいったりきたり 2007年04月15日
  • 県産食資源を活用した健康食品づくり.
    ヘルシーフード研究会, 医療・健康福祉関連ビジネスサロン 2007年02月27日
  • 膨らむ市場ファイル2 【農地から/特産物の機能性に着目】
    河北新報・シリーズ健康食品のカルテ<7> 2007年02月16日
  • 野性味あふれるジョミって何だ
    RAB・かっぺいのいったりきたり 2006年11月26日
  • 地域食資源から抗酸化機能の探索とその応用.
    平成18年度第2回油化学セミナー in 函館 2006年09月22日
  • 豊富な食資源生かそう「健康食品づくり」テーマに講演
    陸奥新報 2006年09月03日
  • 青森県の健康食品づくり.
    医療・健康福祉関連ビジネスサロン講演会 2006年09月01日
  • 血糖値を下げ糖尿病の合併症を防ぐガマズミ
    日刊ゲンダイ 2006年08月08日
  • 特集東奥ろばた談義【地域支えたハマの技 生き残りへ若さ注入】
    東奥日報・特集10-11面 2006年07月31日
  • 地引き網次世代へ・おいらせ町 観光活用 課題探る
    東奥日報・朝刊・1面 2006年07月25日
  • ツルアラメの生理機能.
    平成18年度ヘルシーフード創造研究会・第1回講演会 2006年06月17日
  • 大間産の海藻ツルアラメ, 活用目指し試食会 (講演)
    東奥日報・朝刊・5面 2006年02月21日
  • 食資源の抗酸化・生理機能に関する研究『ツルアラメ』.
    大間産ツルアラメ講演会 2006年02月20日
  • もっと身近に大学研究27【ガマズミの産業育成課題】
    毎日新聞・24面 2006年02月18日
  • ガマズミに糖尿病予防効果
    NHKニュース青森版・東北版 2006年01月20日
  • 青森県の食資源と生理機能に関する研究紹介.
    青森県発新事業創出プロジェクト青森発の「農林水産物」の高付加価値化事業創出プロジェクト 2006年
  • 食資源の抗酸化・機能性に関する研究〜山の実から海藻まで〜.
    産学官連携推進会議in青森県立保健大学 2005年11月29日
  • アピオス
    RAB・かっぺいのいったりきたり 2005年11月27日
  • ガマズミの生活習慣病予防効果と作用成分.
    産学官連携フォーラム 2005年10月25日
  • 「食」の科学と「食育」(生活習慣病予防のために).
    第7回食育と健康・北のまほろばフォーラム 2005年10月22日
  • 食と健康・県産活用・ヘルシーフード研究会
    東奥日報 2005年09月09日
  • 新たな健康食品開発へ・ヘルシーフード研究会
    陸奥新報 2005年09月07日
  • 「知」の結集プロジェクト概要.
    ヘルシーフード研究会第1回研究会・講演会 2005年09月06日
  • ヘルシーフード研究会
    RABニュースレーダー 2005年09月06日
  • 味わい物語5【商品販売に大きな期待】
    デーリー東北 2005年06月02日
  • 味わい物語4【残渣活用、新たな可能性】
    デーリー東北 2005年06月01日
  • 味わい物語3【高い抗酸化作用を持つ】
    デーリー東北 2005年05月31日
  • 味わい物語2【生産者努力で特産品化】
    デーリー東北 2005年05月30日
  • 味わい物語1【かつてはマタギの秘薬】
    デーリー東北 2005年05月29日
  • 県内おもしろ研究探Q【ガマズミのサプリ開発】
    東奥日報 2005年04月16日
  • アピオス (アメリカ・ホドイモ) の血圧降下作用.
    第6回食育と健康・北のまほろばフォーラム 2004年10月16日
  • 青森県の食資源・山の実「ガマズミ」の健康的付加価値化と地域特産品化.
    日本健康科学学会第20回学術大会・市民公開講演会 2004年09月25日
  • 健康に寄与する特産品の創造を目指して.
    十和田異業種交流会講演会 2004年08月11日
  • ガマズミ果実の研究開発について.
    南部町・三戸町・田子町議会協議会講演会 2003年11月17日
  • 納豆の持つ動脈硬化予防効果について.
    第5回食育と健康フォーラム 2003年10月18日
  • 県産農水産物を活用した産業振興モデル.
    平成15年度先端技術講演会 2003年10月17日
  • 高齢社会を迎えて地域食品資源に新たな付加価値を.
    第37回日本栄養・食糧学会東北支部会一般公開シンポジウム 2003年10月11日
  • ガマズミの研究開発の概要等.
    平成15年度二戸市・三戸町・田子町議会議員協議会講演会 2003年07月30日
  • ジョミの研究開発の概要等について.
    三戸町議会経済民生常任委員会研修会 2003年06月23日
  • 「高齢社会における食品開発」パネルディスカッション.
    医療・福祉産業創出育成フォーラム「高齢社会の食を考える」 2003年02月19日
  • スーパーヘルシー食品「ガマズミ飲料」の開発と生活習慣病の予防効果.
    第3回食と健康シンポジウム 2002年10月05日
  • 抗酸化性食品の探索, 開発に対する青森県の取り組み: フォトンを利用した県産食品素材の抗酸化活性評価.
    日本過酸化脂質・フリーラジカル学会第25回大会 特別報告 2001年10月05日
  • 健康な高齢化社会に貢献する味覚および味覚成分の研究開発.
    2001年度先端技術研修会 2001年09月10日
  • 青森の特色を活かした機能性食品の開発 ~ガマズミジュースによる生活習慣病の予防~.
    市民のためのバイオセミナー「暮らしとバイオ」 2000年12月09日
  • 抗酸化活性評価法概説.
    2000年度先端技術研修会 2000年09月29日
  • 各種食品素材の抗酸化活性評価と機能性食品開発への応用.
    2000年度先端技術研修会 2000年09月19日
  • フォトン評価機器を利用したスーパーヘルシー食品の創造.
    青森地域産学官共同研究事業成果普及会 1999年11月19日
  • フォトン評価機器を利用したスーパーヘルシー食品の創造.
    青森県地域産学官共同研究事業成果普及会 1999年11月16日
  • バナジウム-48の製造法.
    第1回バナジウムと生体ミニシンポジウム 1988年12月07日
  • バナジウム-48化合物の体内分布および腫瘍診断への応用.
    第1回バナジウムと生体ミニシンポジウム 1988年12月07日

特許

  • ケルセチン生体吸収促進剤
  • 抗腫瘍剤、カスパーゼ阻害剤、イボタケ属担子菌抽出物およびその製造方法
  • ケルセチン生体吸収促進用組成物、および、ケルセチン生体吸収促進用飲食物
  • ケルセチン生体吸収促進剤
  • 食用アピオス花、食品素材、血糖値上昇抑制効果具有物、血糖値上昇抑制物質およびアピオス花の使用方法
  • 抗腫瘍剤、カスパーゼ阻害剤、イボタケ属担子菌抽出物およびその製造方法
  • フラボノイド生体吸収促進用組成物、これを用いたフラボノイド生体吸収促進用飲食物及びその製造方法
  • アピオス花を用いた血糖値上昇抑制物質および糖尿病予防用食品素材
  • 経口用メラニン生成抑制剤
  • α−グルコシダーゼ阻害剤
  • アピオスの酢酸・酵素処理物製造方法、アピオス由来ペプチドおよびその製造方法
  • アピオスの酢酸・酵素処理物製造方法、アピオス由来ペプチドおよびその製造方法.
  • クラゲの酢酸抽出物製造方法およびクラゲコラーゲン由来ペプチド
  • ガマズミ果肉皮の製造方法、ガマズミ果肉皮製造装置、ガマズミ果肉皮抽出物、ガマズミ果肉皮由来抗酸化剤、ガマズミ果肉皮由来粉末状素材およびガマズミ果肉皮使用加工品
  • 醤油オリ由来の抗酸化剤、抗酸化食品、それらの製造方法および酸化抑制方法
  • 新規トリペプチドおよびその製造方法
  • シジミ貝処理方法
  • シジミ貝処理方法、およびその方法によるシジミ貝から生成したシジミエキス、ならびにそのシジミエキスの製造方法
  • シジミ貝殻粉末体、およびその製造方法
  • シジミ貝処理方法、ならびにそのシジミエキスの製造方法
  • シジミ貝殻粉末体を有効成分とする肝臓機能障害改善用組成物、およびその製造方法

その他の活動

  • 2016年02月
    平成27年度第2回青森県知的財産連携会議, 2016/2/9, 青森市
  • 2015年12月
    第1回青い森の食材研究会, 2015/12/4, 青森市
  • 2015年10月
    おいらせ町味祭館, 感謝祭出展販売, おいらせ町
  • 2015年10月
    平成27年度第1回青森市水産振興協議会, 2015/10/28, 青森市
  • 2015年10月
    知的財産研修【先行技術調査講習会】企画・運営, 2015/10/13, 青森県立保健大学
  • 2015年08月
    平成27年度第1回青森県知的財産連携会議, 2015/8/31, 青森市
  • 2015年06月
    うしろがた漁港まつり・ホヤ料理提供, 2015/6/14, 青森市
  • 2015年06月
    知的財産研修・導入教育, 2015/6/10, 青森県立保健大学
  • 2015年05月
    第8回大学は美味しい!!フェア, 5/28~6/2, 東京都
  • 2014年11月
    おいらせ町味祭館, 販売支援, 2014/11/2, おいらせ町
その他の活動を全て表示する
その他の活動閉じる
  • 2016年02月
    平成27年度第2回青森県知的財産連携会議, 2016/2/9, 青森市
  • 2015年12月
    第1回青い森の食材研究会, 2015/12/4, 青森市
  • 2015年10月
    おいらせ町味祭館, 感謝祭出展販売, おいらせ町
  • 2015年10月
    平成27年度第1回青森市水産振興協議会, 2015/10/28, 青森市
  • 2015年10月
    知的財産研修【先行技術調査講習会】企画・運営, 2015/10/13, 青森県立保健大学
  • 2015年08月
    平成27年度第1回青森県知的財産連携会議, 2015/8/31, 青森市
  • 2015年06月
    うしろがた漁港まつり・ホヤ料理提供, 2015/6/14, 青森市
  • 2015年06月
    知的財産研修・導入教育, 2015/6/10, 青森県立保健大学
  • 2015年05月
    第8回大学は美味しい!!フェア, 5/28~6/2, 東京都
  • 2014年11月
    おいらせ町味祭館, 販売支援, 2014/11/2, おいらせ町
  • 2014年10月
    平成26年度第2回知財教育・研修. IPDLを用いた先行技術検索. 企画運営, 2014/10/7, 青森県立保健大学.
  • 2014年09月
    地域コミュニティ手づくり講座第2回サロンほ・だあちゃ, 支援, 2014/9/21,青森市
  • 2014年07月
    キッチン☆保健大学「おいしい研究室inアスパム」, 2014/7/5, 青森市.
  • 2014年06月
    発明・特許について –青森県立保健大学の知的財産活動-. 平成26年度第1回知的財産教育, 2014/6/10, 青森県立保健大学.
  • 2014年05月
    第7回大学は美味しい!!フェア, 2014/5/28〜6/3, 東京都.
  • 2014年02月
    第9回こだわり食品フェア2014出展
  • 2013年10月
    平成25年度第2回知財教育・研修. IPDLを用いた先行技術検索. 企画運営, 2013/10/15, 青森県立保健大学.
  • 2013年07月
    発明・特許について –青森県立保健大学の知的財産活動-. 平成25年度第1回知的財産教育, 2013/7/30, 青森県立保健大学.
  • 2013年07月
    平成25年度第1回知的財産権セミナー, 2013/7/23, 青森県立保健大学.
  • 2013年05月
    アピオ酢販売 第6回大学は美味しい!!フェア, 2013/5/29~6/4, 東京都.
  • 2013年02月
    ものづくり産業技術フェア2013in八戸 出展 (八戸市)
  • 2013年02月
    第8回こだわり食品フェア2013出展 (東京都)
  • 2013年
    ガマズミ活用研究会
  • 2013年
    青い森の食材研究会
  • 2012年10月
    ガマズミ栄養健康教室 (全3回) 企画・運営 (三戸町, 八戸市, 十和田市)
  • 2012年09月
    イノベーション・ジャパン2012 出展 (東京都)
  • 2012年05月
    ガマズミ販売 第5回大学は美味しい!!フェア, 東京都.
  • 2012年03月
    健康博覧会2012 出展支援
  • 2012年02月
    FOODEX JAPAN 2012 出展 (千葉市)
  • 2012年03月
    健康博覧会2012 出展 (東京都)
  • 2012年02月
    第17回全国納豆鑑評会 (全国納豆協同組合連合会主催) 審査員 (青森市)
  • 2011年06月
    青い森の食材研究会
  • 2011年03月
    健康博覧会2011出展 (東京都)
  • 2010年11月
    ものづくり産業技術フェアin八戸・あおもり産学官金連携推進フォーラム出展 (八戸市)
  • 2010年10月
    食品開発展2010出展 (東京都)
  • 2010年07月
    平成22年度東北地域大学等知的財産連絡会議 企画・運営 (青森市)
  • 2010年03月
    健康博覧会2010出展 (東京都) 企業支援
  • 2010年02月
    スイートアピオスのブランド化検討会 アドバイザー (青森市)
  • 2009年09月
    イノベーション・ジャパン2009 出展 (東京都)
  • 2009年03月
    健康博覧会2009 出展 (東京都)
  • 2008年06月
    第7回産学官連携推進会議 (内閣府) 出展 (京都)
  • 2008年02月
    健康博覧会2008 出展 (東京都)
  • 2007年11月
    ガマズミ活用研究会 代表
  • 2007年02月
    医療健康福祉関連ビジネスサロン「健康食品づくり」 コーディネーター (青森市)
  • 2006年07月
    東奥ろばた談義 アドバイザー (おいらせ町)
  • 2005年09月
    ヘルシーフード創造研究会 代表
  • 2005年09月
    医療健康福祉関連ビジネスサロン「青森県の健康食品づくり」 コーディネーター (弘前市)

教育活動業績

担当授業科目

  • 健康栄養科学特別演習
  • 食品学実験3
  • 健康栄養科学特論
  • 健康栄養科学演習
  • 健康栄養科学特別講義
  • 卒業研究
  • 健康栄養科学特別研究
  • 健康栄養科学特別研究
  • 食品学総論
  • 食品機能論
担当授業科目を全て表示する
担当授業科目閉じる
  • 健康栄養科学特別演習
  • 食品学実験3
  • 健康栄養科学特論
  • 健康栄養科学演習
  • 健康栄養科学特別講義
  • 卒業研究
  • 健康栄養科学特別研究
  • 健康栄養科学特別研究
  • 食品学総論
  • 食品機能論
  • 栄養学
  • 栄養科学総合演習
  • 人間総合科学演習
  • 基礎栄養学特論
  • 科学と創造
  • 化学の基礎
  • 生物の基礎
  • 生命基礎科学
  • 食品学実験1
  • 食物学II