研究者総覧
    English

詳細検索はこちら

漆畑 俊哉 ウルシハタ トシヤ

所属部署名理学療法学科
職名講師 メールアドレスt_urushihataauhw.ac.jp
生年月日
電話番号ホームページURL
FAX番号
更新日 : 2018/10/23

プロフィール

研究分野

  • 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学
  • 人間医工学 / リハビリテーション科学・福祉工学

研究キーワード

    高齢者 , 姿勢制御 , 物理療法 , スポーツ障害 , リハビリテーション

所属学会等

  • 日本足の外科学会
  • International Society for Posture & Gait Research
  • 日本ロ―ビジョン学会
  • 日本障害者スポーツ学会
  • 日本体力医学会
  • 日本理学療法士協会
所属学会等を全て表示する
所属学会等閉じる
  • 日本足の外科学会
  • International Society for Posture & Gait Research
  • 日本ロ―ビジョン学会
  • 日本障害者スポーツ学会
  • 日本体力医学会
  • 日本理学療法士協会

学歴

  • - 2001年 埼玉医科大学短期大学 理学療法学科
  • 2005年 - 2007年 筑波大学大学院修士課程 体育研究科スポーツ科学専攻  
  • 2007年 - 2010年 筑波大学大学院博士課程 人間総合科学研究科健康増進学分野体育科学専攻

経歴

  • 2016年 - 現在 公立大学法人 青森県立保健大学 健康科学部理学療法学科(講師)
  • 2011年 - 2016年 学校法人霞ヶ浦学園 つくば国際大学  医療保健学部理学療法学科(講師)
  • 2009年 - 2011年 国立大学法人 筑波技術大学 保健科学部保健学科理学療法学専攻 (特任助教)

学位

  • 体育科学博士(筑波大学大学院)

研究活動業績

書籍

  • POSTURE 姿勢と生活
    青木和夫,松村秋芳,漆畑俊哉.
    一般財団法人姿勢研究所 2012年 05月
  • 平成22年度文部科学省特別教育研究費(教育改革)報告書
    筑波技術大学保健科学部
    筑波技術大学保健科学部 2011年
  • 平成21年度文部科学省特別教育研究費(教育改革)報告書
    筑波技術大学保健科学部
    筑波技術大学保健科学部 2010年
  • ラグビーのちから
    上野裕一監修
    叢文社 2007年
書籍を全て表示する
書籍閉じる
  • POSTURE 姿勢と生活
    青木和夫,松村秋芳,漆畑俊哉.
    一般財団法人姿勢研究所 2012年 05月
  • 平成22年度文部科学省特別教育研究費(教育改革)報告書
    筑波技術大学保健科学部
    筑波技術大学保健科学部 2011年
  • 平成21年度文部科学省特別教育研究費(教育改革)報告書
    筑波技術大学保健科学部
    筑波技術大学保健科学部 2010年
  • ラグビーのちから
    上野裕一監修
    叢文社 2007年

論文

  • 間欠的空気圧迫法の圧迫様式の違いによって下肢の血流動態は変化するか
    漆畑俊哉,佐藤明美,出雲耕生,松嶋美正.
    理学療法いばらき 20 9-12 2016年
  • 運動器不安定症に対する理学療法介入効果−ロンベルグ肢位での重心動揺検査を用いた効果判定−
    新沼慎平,雨宮克也,小中一輝,名塚健史,白岡岳人,大塚梢,杉山真一,西村ひとみ,漆畑俊哉,森芳久
    日本スポーツリハビリテーション学会誌(6) 25-30 2017年04月
  • 流通経済大学ラグビー部における2013年度外傷報告
    大石泰輔,森本晃司,鈴木健太郎,漆畑俊哉,平賀暁,内山達二,字英基,中村隆一,ロウチャールズ,猪俣弘史,西磯真,森信太郎,中谷創,上野裕一,山田睦雄.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 8 69-78 2015年
  • 運動器不安定症に対する理学療法介入効果−ロンベルグ肢位での重心動揺検査を用いた効果判定−
    新沼慎平,雨宮克也,小中一輝,名塚健史,白岡岳人,大塚梢,杉山真一,西村ひとみ,漆畑俊哉,森芳久
    日本スポーツリハビリテーション学会誌(6) 25-30 2017年03月
  • 理学療法学科学生の臨床実習期間中における時間の使い方について: 睡眠時間の実態を中心に
    高尾敏文,桐山希一,深谷隆史,漆畑俊哉,林 隆司
    医療保健学研究(8) 51-57 2017年05月
  • 流通経済大学ラグビー部における2012年度外傷報告
    鈴木健太郎, 森本晃司, 漆畑俊哉,平賀暁,内山達二, 地英基,中村龍一,吉田一希,西磯真,ロウチャールズ,猪俣弘史,中谷創,上野裕一,山田睦雄.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 7 69-78 2014年
  • 視覚条件が健常成人の頸部位置覚に与える影響
    漆畑俊哉,松嶋美正
    理学療法いばらき 19-47 2015年
  • 生後発達に伴うマウス小脳皮質の外顆粒層の消長と 1型ヒストン脱アセチル化酵素免疫陽性反応の変化
    松嶋美正,漆畑俊哉,澤田和彦
    医療保健学研究(8) 19-25 2017年05月
  • 廃用症候群と老人性紫斑によりベッドからの離床が困難である症例に対する取り組み
    漆畑俊哉,岡本慶,定岡奈央子,町田志津江,宮嶋昭博.
    茨城県総合リハビリテーションケア学会誌 23-34 2014年
  • ラグビ―における脳震盪の回復過程について
    鈴木健太郎,上野裕一,西機真,漆畑俊哉,森本晃司,山田睦雄.
    埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会誌 4(1) 16-19 2013年
論文を全て表示する
論文閉じる
  • 間欠的空気圧迫法の圧迫様式の違いによって下肢の血流動態は変化するか
    漆畑俊哉,佐藤明美,出雲耕生,松嶋美正.
    理学療法いばらき 20 9-12 2016年
  • 運動器不安定症に対する理学療法介入効果−ロンベルグ肢位での重心動揺検査を用いた効果判定−
    新沼慎平,雨宮克也,小中一輝,名塚健史,白岡岳人,大塚梢,杉山真一,西村ひとみ,漆畑俊哉,森芳久
    日本スポーツリハビリテーション学会誌(6) 25-30 2017年04月
  • 流通経済大学ラグビー部における2013年度外傷報告
    大石泰輔,森本晃司,鈴木健太郎,漆畑俊哉,平賀暁,内山達二,字英基,中村隆一,ロウチャールズ,猪俣弘史,西磯真,森信太郎,中谷創,上野裕一,山田睦雄.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 8 69-78 2015年
  • 運動器不安定症に対する理学療法介入効果−ロンベルグ肢位での重心動揺検査を用いた効果判定−
    新沼慎平,雨宮克也,小中一輝,名塚健史,白岡岳人,大塚梢,杉山真一,西村ひとみ,漆畑俊哉,森芳久
    日本スポーツリハビリテーション学会誌(6) 25-30 2017年03月
  • 理学療法学科学生の臨床実習期間中における時間の使い方について: 睡眠時間の実態を中心に
    高尾敏文,桐山希一,深谷隆史,漆畑俊哉,林 隆司
    医療保健学研究(8) 51-57 2017年05月
  • 流通経済大学ラグビー部における2012年度外傷報告
    鈴木健太郎, 森本晃司, 漆畑俊哉,平賀暁,内山達二, 地英基,中村龍一,吉田一希,西磯真,ロウチャールズ,猪俣弘史,中谷創,上野裕一,山田睦雄.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 7 69-78 2014年
  • 視覚条件が健常成人の頸部位置覚に与える影響
    漆畑俊哉,松嶋美正
    理学療法いばらき 19-47 2015年
  • 生後発達に伴うマウス小脳皮質の外顆粒層の消長と 1型ヒストン脱アセチル化酵素免疫陽性反応の変化
    松嶋美正,漆畑俊哉,澤田和彦
    医療保健学研究(8) 19-25 2017年05月
  • 廃用症候群と老人性紫斑によりベッドからの離床が困難である症例に対する取り組み
    漆畑俊哉,岡本慶,定岡奈央子,町田志津江,宮嶋昭博.
    茨城県総合リハビリテーションケア学会誌 23-34 2014年
  • ラグビ―における脳震盪の回復過程について
    鈴木健太郎,上野裕一,西機真,漆畑俊哉,森本晃司,山田睦雄.
    埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会誌 4(1) 16-19 2013年
  • ラグビー選手における肩関節脱臼後の対応
    鈴木健太郎,上野裕一,仲川亮,牧内大樹,漆畑俊哉,平賀暁,森本晃司,内山達二,西機真,山田睦雄.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 6 127-130 2013年
  • 大学ラグビ―選手における生体インピ―ダンス法を用いた筋量特性および下肢外傷との関連
    漆畑俊哉,平賀暁,仲川亮,山田睦雄.
    埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会誌 4(1) 20-26 2013年
  • ラグビ―における頸髄損傷予防とトレ―ニング,およびそのチェックポイント
    森本晃司,鈴木健太郎,漆畑俊哉,平賀暁.
    埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会誌 4(1) 38-46 2013年
  • 視覚障害をもつ理学療法専攻の学生への運動教育
    佐久間亨,漆畑俊哉,高橋洋,石塚和重.
    日本ロービジョン学会誌 11 11-16 2012年
  • 中高齢女性の重複歩時間変動と転倒歴との関連
    三好寛和,衣笠隆,漆畑俊哉,相馬優樹.
    体力科学 60(1) 121-132 2011年
  • 大学ラグビ―選手を対象としたホップテストによる予防スクリーニングの試み
    漆畑俊哉,平賀暁,荒川崇,山田睦雄.
    埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会誌 2(1) 16-19 2011年
  • 中高齢女性の重複歩時間変動と転倒歴との関連
    三好寛和,衣笠隆,漆畑俊哉,相馬優樹.
    体力科学 60(1) 121-132 2011年
  • 流通経済大学ラグビー部における2009年度外傷報告
    仲川亮,荒川崇,漆畑俊哉,平賀暁,内山達二,牧内大樹,伊藤武,伊藤寿彦,西機真,黒岩純,上野裕一,山田睦雄.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 4 33-45 2011年
  • Aging effects on the structure underlying balance abilities tests.
    Urushihata T, Kinugasa T, Soma Y, Miyoshi H
    Journal of the Japanese Physical Therapy Association = Rigaku ryoho 13(1) 1-8 2010年
  • クラブ活動を媒体にした健康管理が視覚障害学生の身体活動量に及ぼす影響
    漆畑俊哉,佐久間亨,東條正典,高橋洋.
    筑波技術大学テクノレポート 18(1) 34-39 2010年
  • Development of Web Crawler and Database System for Visually Impaired Students - An Application to Career Support Web System -
    ITO Y., URUSHIHATATA T., SAKUMA T., IKEMUNE S., TOJO M., MIYAKE T., TAKAHASHI H., OHKOSHI N., ISHIZUKA K., ONO T.
    NTUT Education of Disabilities 8 13-20 2010年
  • Aging effects on the structure underlying balance abilities tests.
    Urushihata T, Kinugasa T, Soma Y, Miyoshi H
    Journal of the Japanese Physical Therapy Association = Rigaku ryoho 13(1) 1-8 2010年
  • 重心移動課題における足関節筋の同時収縮に及ぼす加齢の影響
    相馬優樹,衣笠隆,漆畑俊哉,三好寛和.
    体力科学 59(1) 143-156 2010年
  • 視覚に障害のある理学療法士学生に対する筋力評価実習の取り組み
    佐久間亨,漆畑俊哉,石塚和重,高橋洋.
    筑波技術大学テクノレポート 17(2) 40-43 2010年
  • 視覚障害学生を対象とした平衡能力評価実習の取り組み
    漆畑俊哉,佐久間亨,石塚和重,高橋洋.
    筑波技術大学テクノレポート 17(2) 34-39 2010年
  • 女性前期高齢者のバランス能力を改善させる運動介入:無作為化比較試験
    漆畑俊哉,衣笠隆,相馬優樹,三好寛和.
    体力科学 59(1) 97-106 2010年
  • 中高齢女性の重複歩時間変動と転倒歴との関連
    三好寛和,衣笠隆,漆畑俊哉,相馬優樹.
    体力科学 60(1) 121-132 2011年
  • 流通経済大学ラグビー部における2008年度外傷報告
    荒川崇,山田睦雄,筒井健裕,漆畑俊哉,平賀暁,宮崎知美,李應柱,中山正和,内山達二,伊藤寿彦,伊藤武,西機真,黒岩純,上野裕一.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 1(2) 117-128 2009年
  • 視覚情報保障機能を備えたメディア教材配信システム
    伊藤裕二,池宗佐和子,東條正典,成島朋美,漆畑俊哉,佐久間亨,三宅輝久,大越教夫,小野束.
    筑波技術大学テクノレポート 18(1) 40-43 2010年
  • バランス能力と歩行変動は高齢者の転倒を予知できるか?
    三好寛和,衣笠隆,漆畑俊哉,相馬優樹.
    体力科学 58(6)-662 2009年
  • 流通経済大学ラグビー部における2007年度外傷報告
    荒川崇,山田睦雄,岩佐英明,上原陵,森本晃司, 漆畑俊哉・他.
    流通経済大学スポーツ健康科学部紀要 1(1) 137-147 2008年
  • Aging effects on the structure underlying balance performance tests
    URUSHIHATA T and KINUGASA T.
    Journal of Aging and Physical activity 16 31-32 2008年
  • 高齢者の立位姿勢時にみられる同時収縮はバランス能力と関係するか?
    相馬優樹,衣笠隆,漆畑俊哉,三好寛和.
    体力科学 57(6)-805 2008年
  • 動作の違いが膝関節周囲の筋活動に及ぼす影響
    漆畑俊哉,森本晃司,荒川崇,山田睦雄.
    流通経済大学体育指導センター紀要.スポーツ健康科学部開講記念論文集 1(1) 39-43 2007年
  • バランス能力の因子構造は加齢によって影響されるか?
    漆畑俊哉, 衣笠隆.
    体力科学 56(6)-711 2006年
  • 2004年アテネオリンピック競技大会 日本ウィルチェアラグビー選手団におけるコンディショニング活動報告
    漆畑俊哉,小中一輝,森本晃司,青木信裕,山田睦雄.
    障害者スポーツの研究 14 20-21 2005年
  • Aging effects on the structure underlying balance abilities tests.
    Urushihata T, Kinugasa T, Soma Y, Miyoshi H
    Journal of the Japanese Physical Therapy Association = Rigaku ryoho 13(1) 1-8 2010年
  • 歩行補助具の検討により施設内歩行自立を獲得した小児麻痺の既往がある1症例
    漆畑俊哉,山田睦雄.
    理学療法いばらき 8(2) 183-186 2005年
  • シッティングバレーボール競技における障害者のQOL
    大隈統,赤坂清和,高倉保幸,草野修輔,陶山哲夫,國澤洋介,漆畑俊哉.
    車椅子スポ‐ツの研究 12-41 2003年

短報、総説、解説等(MISC)

  • 文献抄読
    漆畑俊哉
    PTジャーナル 50(1)-137 2016年
  • 静止立位時の追視有無が重心動揺に与える影響
    奥山航,漆畑俊哉
    第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会,長野. 19-47 2017年09月
  • 当院における運動器不安定症に対するリハビリテーションの効果
    新沼慎平 ,雨宮克也,小中一輝,名塚健史,西村ひとみ,白岡岳人,大塚梢,杉山真一,漆畑俊哉,森芳久
    日本リハビリテーション学会,法政大学. 2016年
  • Effects of a mechanical traction-based tension load on the cervical joint position sense in healthy adults.
    URUSHIHATA T., and MATSUSHIMA Y.
    WCPT Congress 2015, Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre, Singapore 2015年
  • Divergence of gait parameters in the elderly.
    MATSUSHIMA Y and URUSHIHATA T.
    第50回日本理学療法学術大会,東京. 2015年
  • Effect of dominant and non-dominant sides on the cervical joint position sense in healthy adults.
    URUSHIHATA T and MATSUSHIMA Y.
    ISPGR World Congress 2015, Sevilla, Spain 2015年
  • Coordination in Self-Paced Tapping of Upper and Lower Limbs with Four Touch Pad Device
    MATSUSHIMA Y and URUSHIHATA T.
    ISPGR World Congress 2015, Sevilla, Spain 2015年
  • Transition of motor control related to physical function in the elderly
    MATSUSHIMA Y and URUSHIHATA T.
    The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Thailand 2015年
  • Age group differences in tapping task: variability in intervals while tapping using index fingers and feet
    MATSUSHIMA Y., URUSHIHATA T., TAKAO T. TAKAO T., TSUSHIMA H.
    WCPT‐AWP & ACPT Congress 2013, in Taiwan. 2013年
  • The association between balance ability and age―related lower extremity strength
    URUSHIHATA T., MATSUSHIMA Y., TAKAO T.
    WCPT‐AWP & ACPT Congress 2013, in Taiwan. 2013年
短報、総説、解説等(MISC)を全て表示する
短報、総説、解説等(MISC)閉じる
  • 文献抄読
    漆畑俊哉
    PTジャーナル 50(1)-137 2016年
  • 静止立位時の追視有無が重心動揺に与える影響
    奥山航,漆畑俊哉
    第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会,長野. 19-47 2017年09月
  • 当院における運動器不安定症に対するリハビリテーションの効果
    新沼慎平 ,雨宮克也,小中一輝,名塚健史,西村ひとみ,白岡岳人,大塚梢,杉山真一,漆畑俊哉,森芳久
    日本リハビリテーション学会,法政大学. 2016年
  • Effects of a mechanical traction-based tension load on the cervical joint position sense in healthy adults.
    URUSHIHATA T., and MATSUSHIMA Y.
    WCPT Congress 2015, Suntec Singapore Convention & Exhibition Centre, Singapore 2015年
  • Divergence of gait parameters in the elderly.
    MATSUSHIMA Y and URUSHIHATA T.
    第50回日本理学療法学術大会,東京. 2015年
  • Effect of dominant and non-dominant sides on the cervical joint position sense in healthy adults.
    URUSHIHATA T and MATSUSHIMA Y.
    ISPGR World Congress 2015, Sevilla, Spain 2015年
  • Coordination in Self-Paced Tapping of Upper and Lower Limbs with Four Touch Pad Device
    MATSUSHIMA Y and URUSHIHATA T.
    ISPGR World Congress 2015, Sevilla, Spain 2015年
  • Transition of motor control related to physical function in the elderly
    MATSUSHIMA Y and URUSHIHATA T.
    The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Thailand 2015年
  • Age group differences in tapping task: variability in intervals while tapping using index fingers and feet
    MATSUSHIMA Y., URUSHIHATA T., TAKAO T. TAKAO T., TSUSHIMA H.
    WCPT‐AWP & ACPT Congress 2013, in Taiwan. 2013年
  • The association between balance ability and age―related lower extremity strength
    URUSHIHATA T., MATSUSHIMA Y., TAKAO T.
    WCPT‐AWP & ACPT Congress 2013, in Taiwan. 2013年
  • 示指・足部のタッピング課題と歩行パラメータに関連性はあるか?
    松嶋美正,漆畑俊哉,高尾敏文,對馬均
    第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会,千葉. 2013年
  • 大学ラグビ―選手における生体インピ―ダンス法を用いた筋量特性および下肢傷害との関連
    漆畑俊哉,平賀暁,仲川亮,山田睦雄
    第7回埼玉アスレチック・リハビリテ‐ション研究会,埼玉医科大学,埼玉. 2012年
  • メディコンで差をつけろ!第12回 腰痛を防ぐために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 122-124 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第11回 腰痛を防ぐために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 122-124 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第10回 肩の安定性を高めるために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 120-125 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第9回 肩の安定性を高めるために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 120-123 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第8回 足の捻挫を防ぐために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 120-123 2011年
  • 文献抄読
    漆畑俊哉
    PTジャーナル 45(10)-905 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第7回 足の捻挫を防ぐために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 123-125 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第7回 足の捻挫を防ぐために.その①
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 123-125 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第8回 足の捻挫を防ぐために.その②
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 120-123 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第9回 肩の安定性を高めるために.その①
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 120-123 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第10回 肩の安定性を高めるために.その②
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 120-125 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第11回 腰痛を防ぐために.その①
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 122-124 2011年
  • メディコンで差をつけろ!第12回 腰痛を防ぐために.その②
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 122-124 2011年
  • 視覚障害者と晴眼者の姿勢戦略の相違
    漆畑俊哉, 佐久間亨, 石塚和重, 高橋洋
    第29回関東甲信越ブロック理学療法士学会,つくば. 2010年
  • 視覚障害学生の理学療法教育の改善に向けたOSCEの試験的運用
    漆畑俊哉, 佐久間亨, 高橋洋, 中村直子,石塚和重.
    第11回日本ロービジョン学会学術総会誌,岡山. 2010年
  • メディコンで差をつけろ!第6回 膝の安定性を高めるために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 123-125 2010年
  • 筑波技術大学における理学療法士教育の取組とその特徴
    佐久間亨,漆畑俊哉,高橋洋,石塚和重.
    第11回日本ロ‐ビジョン学会学術総会,岡山. 2010年
  • メディコンで差をつけろ!.第5回 膝の安定性を高めるために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 123-125 2010年
  • 大学ラグビー選手におけるホップテストの傷害スクリーニング効果の検討
    平賀暁,漆畑俊哉,荒川崇,山田睦雄.
    第5回埼玉県アスレティックリハビリテ‐ション研究会,早稲田大学. 2010年
  • メディコンで差をつけろ!.第4回 膝の安定性を高めるために.その?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 107-109 2010年
  • Structured balance exercises improve dynamic balance ability for community-dwelling older women: a randomized control trial.
    URUSHIHATA T., HASEGAWA K., and KINUGASA T.
    20th International Conference Program on Gait and Posture in Bologna,Italy. 2009年
  • メディコンで差をつけろ!.第3回 膝の安定性を高めるために.その? 
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 105-107 2010年
  • バランス能力と下肢筋力の関連は加齢によって異なるか?
    漆畑俊哉, 衣笠隆.
    第64回体力医学会大会,新潟. 2009年
  • メディコンで差をつけろ!.第2回 エクササイズと意識の重要性?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 108-109 2010年
  • 動作の違いが膝関節周囲の筋活動に及ぼす影響
    漆畑俊哉,森本晃司,荒川崇,山田睦雄.
    第1回埼玉県埼玉アスレチック・リハビリテーション研究会,ラフレ埼玉. 2006年
  • メディコンで差をつけろ!.第1回 エクササイズと意識の重要性?
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 106-107 2010年
  • 歩行補助具の検討により施設内歩行自立を獲得した小児麻痺の既往がある1症例
    漆畑俊哉, 山田睦雄.
    いばらきリハビリテーション合同大会,ひたちなか. 2004年
  • メディコンで差をつけろ!.第1回 エクササイズと意識の重要性①
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 106-107 2010年
  • メディコンで差をつけろ!.第2回 エクササイズと意識の重要性②
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 108-109 2010年
  • メディコンで差をつけろ!.第3回 膝の安定性を高めるために.その① 
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 105-107 2010年
  • メディコンで差をつけろ!.第4回 膝の安定性を高めるために.その②
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 107-109 2010年
  • メディコンで差をつけろ!.第5回 膝の安定性を高めるために.その③
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 123-125 2010年
  • メディコンで差をつけろ!第6回 膝の安定性を高めるために.その④
    漆畑俊哉
    ベースボールマガジン社ラグビーマガジン 123-125 2010年

受賞

  • 2008年 学術賞
  • 2011年 優秀賞
受賞を全て表示する
受賞閉じる
  • 2008年 学術賞
  • 2011年 優秀賞

外部資金等

  • 間欠的な空気圧迫による末梢循環の促進効果は腰背部の血流改善にまで波及するか?
    :文部科学省:科学研究補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2017年 - 2019年 代表者 : 漆畑俊哉
  • レディメイドインソール使用による身体機能への効果
    :青森県立保健大学受託研究
    研究期間 : 2018年 - 2018年 代表者 : 漆畑俊哉
  • 空気圧迫装置による圧迫様式および実施姿勢が下肢の血液動態に与える影響
    つくば国際大学:医療保健学部共同研究事業
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 漆畑俊哉
外部資金等を全て表示する
外部資金等閉じる
  • 間欠的な空気圧迫による末梢循環の促進効果は腰背部の血流改善にまで波及するか?
    :文部科学省:科学研究補助金(若手研究(B))
    研究期間 : 2017年 - 2019年 代表者 : 漆畑俊哉
  • レディメイドインソール使用による身体機能への効果
    :青森県立保健大学受託研究
    研究期間 : 2018年 - 2018年 代表者 : 漆畑俊哉
  • 空気圧迫装置による圧迫様式および実施姿勢が下肢の血液動態に与える影響
    つくば国際大学:医療保健学部共同研究事業
    研究期間 : 2014年 - 2015年 代表者 : 漆畑俊哉

外部委員歴

  • 青森県理学療法士会 学術局学術誌編集部長 2018年07月 - 現在
  • 公益社団法人日本理学療法士協会 膝関節システマティックレビュー班員 2018年03月 - 現在
  • 公益社団法人日本理学療法士協会東北ブロック協議会 学術論文査読委員 2017年11月 - 現在
  • 茨城県理学療法士会 広報局理学療法啓発部 2010年 - 2011年
外部委員歴を全て表示する
外部委員歴閉じる
  • 青森県理学療法士会 学術局学術誌編集部長 2018年07月 - 現在
  • 公益社団法人日本理学療法士協会 膝関節システマティックレビュー班員 2018年03月 - 現在
  • 公益社団法人日本理学療法士協会東北ブロック協議会 学術論文査読委員 2017年11月 - 現在
  • 茨城県理学療法士会 広報局理学療法啓発部 2010年 - 2011年

講演・口頭発表等

  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年12月10日
  • スポーツ医学の実践と研究
    大学体験講座・講師 2017年09月05日
  • あおもりキャンパスLIFE魅力再発見合同進学相談会
    大学進学相談会 2017年11月07日
  • 足部スポーツ傷害に対する理学療法のポイント
    第1回スポーツ理学療法セミナー 2017年12月16日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年08月17日
  • 「姿勢の良し悪しについて考えてみよう」
    大学体験講座・講師 2017年12月15日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年07月27日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年03月16日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2016年11月23日
  • 卒後進路相談会
    大学進学相談会 2017年06月09日
講演・口頭発表等を全て表示する
講演・口頭発表等閉じる
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年12月10日
  • スポーツ医学の実践と研究
    大学体験講座・講師 2017年09月05日
  • あおもりキャンパスLIFE魅力再発見合同進学相談会
    大学進学相談会 2017年11月07日
  • 足部スポーツ傷害に対する理学療法のポイント
    第1回スポーツ理学療法セミナー 2017年12月16日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年08月17日
  • 「姿勢の良し悪しについて考えてみよう」
    大学体験講座・講師 2017年12月15日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年07月27日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2017年03月16日
  • スポーツインソールの普及活動に伴う座学講義と実技指導
    一般社団法人日本フットウェア技術協会 2016年11月23日
  • 卒後進路相談会
    大学進学相談会 2017年06月09日
  • 卒後進路説明会
    職域説明会 2015年
  • 茨城県立岩瀬高等学校
    出張・模擬授業 2015年
  • 医療従事者ならびに健康増進に携わる専門家を対象とした実践知識の普及活動
    特定非営利活動法人Medical Exercise and Training 2016年04月
  • 「からだ引き締め教室」
    稲敷市健康教室委託事業 2015年
  • 医療従事者ならびに健康増進に携わる専門家を対象とした実践知識および技術の普及活動
    特定非営利活動法人Medical Exercise and Training 2016年04月
  • 「理学療法士の活躍フィールド−スポーツ理学療法を中心に−」
    大学体験講座・講師 2017年10月17日
  • 健康寿命を延ばそう!地域で活き活きと長生きしていくために〜」
    福祉の里みのり苑文化展 2015年
  • 茨城県立石岡第一高等学校
    出張・模擬授業 2014年
  • つくば国際大学附属高校
    公開模擬授業 2013年
  • 「足関節とスポーツリハビリテーション」
    大学体験講座・講師 2017年06月15日
  • 出張模擬講義「足関節とスポーツリハビリテーション」
    大学体験講座・講師 2017年09月05日
  • つくば国際大学附属高校
    公開模擬授業 2012年
  • 「脂質異常症を改善させるためのからだづくり」
    2012年
  • 「介護予防とリハビリテーション技術」
    2009年
  • 日本ウィルチェアラグビー帯同報告
    第1回茨城県障害者スポーツ研究会 2006年

教育活動業績

担当授業科目

  • スポーツ生理学実習
  • 発達障害理学療法治療学
  • スポーツリハビリテーション実習
  • スポーツ生理学
  • 測定評価学実習
  • 測定評価学
  • 理学療法研究法方法論
  • スポーツ障害理学療法論
  • 運動器障害理学療法学実習
  • 高齢者の疫学
担当授業科目を全て表示する
担当授業科目閉じる
  • スポーツ生理学実習
  • 発達障害理学療法治療学
  • スポーツリハビリテーション実習
  • スポーツ生理学
  • 測定評価学実習
  • 測定評価学
  • 理学療法研究法方法論
  • スポーツ障害理学療法論
  • 運動器障害理学療法学実習
  • 高齢者の疫学
  • 卒業研究
  • クリニカルリーズニング
  • 生理学実習
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 高齢者障害理学療法治療学
  • 高齢者障害理学療法評価学
  • 高齢者障害基礎理学療法学