Researcher Directory
    Japanese

Chiba Atsuko

FacultyDepartment of Nursing
Job titleAssociate Professor Mail Address
Birth Date
TELWeb site
FAX
Last Updated : 2019/06/12

Profile

Research Areas

  • Nursing / Community health nursing

Academic Societies

  • JAPAN ACADEMY OF COMMUNITY HEALTH NURSING
  • JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH
  • JAPAN SOCIETY FOR OCCUPATIONAL HEALTH
  • JAPAN ACADEMY OF NURSING SCINECE
  • JAPANESE SOCIETY OF HEALTH EDUCATION AND PROMOTION
Display all
Academic Societiesclose
  • JAPAN ACADEMY OF COMMUNITY HEALTH NURSING
  • JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH
  • JAPAN SOCIETY FOR OCCUPATIONAL HEALTH
  • JAPAN ACADEMY OF NURSING SCINECE
  • JAPANESE SOCIETY OF HEALTH EDUCATION AND PROMOTION

Research

Papers

  • 職域における生活習慣病予防保健指導波及プログラムの実践と評価
    千葉 敦子, 山本 春江, 森永 八江, 川内 規会
    日本地域看護学会誌 19(1) 31-39 Apr. 2016
  • An Exploratory Comparative Study of the Promotion of Child Restraint Seat Use in Japan
    Atsuko Chiba
    16 45-53 Mar. 2016
  • 冬季積雪路面における転倒・外傷経験のある高齢者の氷雪イメージ
    清水健史, 千葉敦子, 吹田夕起子
    日本ヒューマンケア科学会誌 7(2) 3-10 Oct. 2014
  • Efficacy of a workplace health guidance program designed to have knock-on educational effects via health class participants : Dissemination of learning content from class participants and effects on non-participants
    CHIBA Atsuko
    Japanese journal of public health 58(2) 102-110 Feb. 2011
  • Desirable learning attitude of nursing students that faculties expect before engaging in practical training in home nursing: survey of practical training instructor at home nursing station
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 11(0) 61-66 Dec. 2010
  • Desirable Learning Attitude of Nursing Students that Faculties Expect before Engaging in Practical Training in Home Nursing -Study by the Community Nursing Group in the Aomori Prefecture Nursing Education Workshop-
    HOSOKAWA MITSUKO, CHIBA ATSUKO, YAMAMOTO HARUE, MITSUYA MEGUMI, YAMADA NORIKO, KON TOSHIKO, KUDO HISAKO, TAMAGAKE TAEKO, SUZUKI KUMIKO, KOGAWA TERUMI, KIRYU AKIKO, SAKURADA KAZUKO
    青森県立保健大学雑誌 9(2) 159-165 Dec. 2008
  • 健康教室における参加者の学びが家族や地域へ波及する現象についての探索―減塩教室参加者の1年間の伝達状況―
    千葉敦子, 千葉敦子, 山本春江, 工藤奈織美, 浅田豊, 竹森幸一
    日本ヒューマンケア科学会誌 1(1) 2-10 Mar. 2008
  • Research concerning the phenomenon that learning of aparticipant in a health class spreads to their family and an area-Examination to characteristics of a decrease in salt classroom participant-
    CHIBA ATSUKO, CHIBA ATSUKO, YAMAMOTO HARUE, TAKEMORI KOICHI, KUDO NAOMI, ASADA YUTAKA, HASEGAWA KINUKO, HASEGAWA SHIGURE
    青森県立保健大学雑誌 8(2) 237-244 Dec. 2007
  • TYA方式による健康教室参加者の学びと参加体験に関する現象の検討
    千葉敦子, 千葉敦子, 竹森幸一, 山本春江, 工藤奈織美, 浅田豊
    日本健康教育学会誌 15(3) 156-166 Aug. 2007
  • シナリオ学習を用いた減塩教室における参加者から家族への教育効果の可能性
    山本春江, 千葉敦子, 浅田豊, 竹森幸一
    家族看護学研究 13(1) 2-10 Jun. 2007
Display all
Papersclose
  • 職域における生活習慣病予防保健指導波及プログラムの実践と評価
    千葉 敦子, 山本 春江, 森永 八江, 川内 規会
    日本地域看護学会誌 19(1) 31-39 Apr. 2016
  • An Exploratory Comparative Study of the Promotion of Child Restraint Seat Use in Japan
    Atsuko Chiba
    16 45-53 Mar. 2016
  • 冬季積雪路面における転倒・外傷経験のある高齢者の氷雪イメージ
    清水健史, 千葉敦子, 吹田夕起子
    日本ヒューマンケア科学会誌 7(2) 3-10 Oct. 2014
  • Efficacy of a workplace health guidance program designed to have knock-on educational effects via health class participants : Dissemination of learning content from class participants and effects on non-participants
    CHIBA Atsuko
    Japanese journal of public health 58(2) 102-110 Feb. 2011
  • Desirable learning attitude of nursing students that faculties expect before engaging in practical training in home nursing: survey of practical training instructor at home nursing station
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 11(0) 61-66 Dec. 2010
  • Desirable Learning Attitude of Nursing Students that Faculties Expect before Engaging in Practical Training in Home Nursing -Study by the Community Nursing Group in the Aomori Prefecture Nursing Education Workshop-
    HOSOKAWA MITSUKO, CHIBA ATSUKO, YAMAMOTO HARUE, MITSUYA MEGUMI, YAMADA NORIKO, KON TOSHIKO, KUDO HISAKO, TAMAGAKE TAEKO, SUZUKI KUMIKO, KOGAWA TERUMI, KIRYU AKIKO, SAKURADA KAZUKO
    青森県立保健大学雑誌 9(2) 159-165 Dec. 2008
  • 健康教室における参加者の学びが家族や地域へ波及する現象についての探索―減塩教室参加者の1年間の伝達状況―
    千葉敦子, 千葉敦子, 山本春江, 工藤奈織美, 浅田豊, 竹森幸一
    日本ヒューマンケア科学会誌 1(1) 2-10 Mar. 2008
  • Research concerning the phenomenon that learning of aparticipant in a health class spreads to their family and an area-Examination to characteristics of a decrease in salt classroom participant-
    CHIBA ATSUKO, CHIBA ATSUKO, YAMAMOTO HARUE, TAKEMORI KOICHI, KUDO NAOMI, ASADA YUTAKA, HASEGAWA KINUKO, HASEGAWA SHIGURE
    青森県立保健大学雑誌 8(2) 237-244 Dec. 2007
  • TYA方式による健康教室参加者の学びと参加体験に関する現象の検討
    千葉敦子, 千葉敦子, 竹森幸一, 山本春江, 工藤奈織美, 浅田豊
    日本健康教育学会誌 15(3) 156-166 Aug. 2007
  • シナリオ学習を用いた減塩教室における参加者から家族への教育効果の可能性
    山本春江, 千葉敦子, 浅田豊, 竹森幸一
    家族看護学研究 13(1) 2-10 Jun. 2007
  • 減塩学習会の参加者から家族へ及ぼす教育効果に関するプロセスの解明
    千葉敦子, 竹森幸一, 山本春江, 浅田豊
    家族看護学研究 12(3) 90-100 Feb. 2007
  • 虚弱高齢者における包括的筋力トレーニングがQOLに及ぼす影響
    千葉敦子, 三浦雅史, 大山博史, 竹森幸一, 山本春江
    日本公衆衛生雑誌 53(11) 851-858 Nov. 2006
  • Japanese Community-based Management of Depression for Elderly Suicide Prevention: A Review and Data Synthesis
    OYAMA HIROFUMI, WATANABE YOICHI, SAKASHITA TOMOE, MORIMOTO SHIGEMI, TAKAHASHI REIKO, TANEICHI YUKI, KOMADA AI, CHIBA ATSUKO
    ストレス科学 21(1) 1-10 Jul. 2006
  • わが国の自殺予防対策と最近のエビデンス―地域介入による高齢者自殺予防活動のレビュー
    大山博史, 渡邉洋一, 坂下智恵, 駒田亜衣, 千葉敦子, 森本しげみ
    青森県立保健大学雑誌 7(1) 157-160 Jun. 2006
  • Development of an effective educational model to help to decrease salt intake for the primary prevention of hypertension : Part 2 The analysis of the effect of the education program
    Takemori Koichi, Yamamoto Harue, Asada Yutaka, Jin Miho, Ishioka Sachiko, Mikami Jyoko, Akita Atsuko, Shiroto Emiko, Fukushima Maki
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 5(1) 63-67 Mar. 2004
  • Development of an effective educational model to help to decrease salt intake for the primary prevention of hypertension : Part 1 The analysis of the learning process through the TYA method
    Asada Yutaka, Yamamoto Harue, Takemori Koichi, Jin Miho, Ishioka Sachiko, Mikami Jyoko, Akita Atsuko, Shiroto Emiko, Fukushima Maki
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 5(1) 53-61 Mar. 2004

Miscellaneous

  • 看護実践で活用できる学びを目指す青森県看護協会教育研修の評価
    呑香美佳子, 齋藤孝子, 戸沼由紀, 長畑孝子, 鳥谷部咲子, 七戸紀美子, 喜多島直美, 竹谷美里, 千葉敦子, 花部美広, 岸千加子
    青森県看護学会誌 47th 28‐29 Oct. 2018
  • 地域住民における保健協力員活動の認知・活用の現状と健康行動の関連
    千葉敦子, 大西基喜, 石田賢哉, 小笠原メリッサ, 宮川隆美, 木村美穂子, 工藤希, 澤谷悦子, 梅庭牧子, 奥村智子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 77th 541 Oct. 2018
  • An analysis of child seat use in Japan: Informing future research
    Atsuko Chiba
    76-77 Dec. 2017
  • 大学1年次における多職種連携教育(IPE)の教育効果 地域演習を通して
    戸沼 由紀, 古川 照美, 千葉 敦子, 吉池 信男, 勘林 秀行, 杉山 克己
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 629-629 Oct. 2017
  • ヘルスリテラシー科目が学生の社会的スキルに及ぼす影響
    古川 照美, 千葉 敦子, 吉池 信男, 杉山 克己
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 155-155 Jun. 2017
  • 看護学生が地域で学ぶことの意義 科目の履修前後および学年によるコミュニティ意識の差異
    千葉 敦子, 古川 照美, 杉山 克己, 吉池 信男
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 190-190 Jun. 2017
  • チャイルドシート着用教育に関する海外の研究 日本における着用教育の可能性についての考察
    小笠原 メリッサ, 千葉 敦子
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 192-192 Jun. 2017
  • Examining potential intervention methods to increase child restraint
    Mellisa Ogasawara, Atsuko Chiba, Kie Kawauchi
    Mar. 2017
  • A保健所管内保健協力員のヘルスリテラシーの現状とその関連要因
    千葉 敦子, 石田 賢哉, 大西 基喜, 小笠原 メリッサ, 宮川 隆美, 木村 美穂子, 水木 希, 澤谷 悦子, 梅庭 牧子, 奥村 智子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 75回 610-610 Oct. 2016
  • Assessment of Japan’s child restraint seat education and marketing: Time
    Mellisa Ogasawara, Atsuko Chiba, Kie Kawauchi, Vikki Williams
    International Conference on Traffic and Transport Psychology (Australia) Aug. 2016
Display all
Miscellaneousclose
  • 看護実践で活用できる学びを目指す青森県看護協会教育研修の評価
    呑香美佳子, 齋藤孝子, 戸沼由紀, 長畑孝子, 鳥谷部咲子, 七戸紀美子, 喜多島直美, 竹谷美里, 千葉敦子, 花部美広, 岸千加子
    青森県看護学会誌 47th 28‐29 Oct. 2018
  • 地域住民における保健協力員活動の認知・活用の現状と健康行動の関連
    千葉敦子, 大西基喜, 石田賢哉, 小笠原メリッサ, 宮川隆美, 木村美穂子, 工藤希, 澤谷悦子, 梅庭牧子, 奥村智子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 77th 541 Oct. 2018
  • An analysis of child seat use in Japan: Informing future research
    Atsuko Chiba
    76-77 Dec. 2017
  • 大学1年次における多職種連携教育(IPE)の教育効果 地域演習を通して
    戸沼 由紀, 古川 照美, 千葉 敦子, 吉池 信男, 勘林 秀行, 杉山 克己
    日本公衆衛生学会総会抄録集 76回 629-629 Oct. 2017
  • ヘルスリテラシー科目が学生の社会的スキルに及ぼす影響
    古川 照美, 千葉 敦子, 吉池 信男, 杉山 克己
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 155-155 Jun. 2017
  • 看護学生が地域で学ぶことの意義 科目の履修前後および学年によるコミュニティ意識の差異
    千葉 敦子, 古川 照美, 杉山 克己, 吉池 信男
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 190-190 Jun. 2017
  • チャイルドシート着用教育に関する海外の研究 日本における着用教育の可能性についての考察
    小笠原 メリッサ, 千葉 敦子
    日本健康教育学会誌 25(Suppl.) 192-192 Jun. 2017
  • Examining potential intervention methods to increase child restraint
    Mellisa Ogasawara, Atsuko Chiba, Kie Kawauchi
    Mar. 2017
  • A保健所管内保健協力員のヘルスリテラシーの現状とその関連要因
    千葉 敦子, 石田 賢哉, 大西 基喜, 小笠原 メリッサ, 宮川 隆美, 木村 美穂子, 水木 希, 澤谷 悦子, 梅庭 牧子, 奥村 智子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 75回 610-610 Oct. 2016
  • Assessment of Japan’s child restraint seat education and marketing: Time
    Mellisa Ogasawara, Atsuko Chiba, Kie Kawauchi, Vikki Williams
    International Conference on Traffic and Transport Psychology (Australia) Aug. 2016
  • A保健所管内における保健協力員活動の活性化に関する研究
    水木 希, 木村 美穂子, 宮川 隆美, 千葉 敦子, 大西 基喜, 石田 賢哉, 小笠原 メリッサ, 澤谷 悦子, 梅庭 牧子, 奥村 智子
    東北公衆衛生学会誌(65) 25-25 Jul. 2016
  • The Educational Effect of a Public Lecture Addressing Child Restraint Seat Use
    Atsuko Chiba, Mellisa Ogasawara
    The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing Jul. 2016
  • 健康診断機関における保健師の役割 公益活動の実践から
    葛西 博子, 千葉 敦子
    産業衛生学雑誌 58(臨増) 387-387 May 2016
  • The Use of Media to Promote Child Restraint Seat Use in Japan
    Jun. 2015
  • 職域壮年期男性における教育波及効果を意図した健康教室の食生活への影響
    森永八江, 川内規会, 駒田亜衣, 山本春江, 千葉敦子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 73rd 354 Oct. 2014
  • 教育効果の波及を意図した保健指導波及プログラムの評価~2社の伝達状況の比較~
    千葉敦子, 森永八江, 川内規会, 山本春江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 73rd 604 Oct. 2014
  • 平内町漁業者の食生活から見た生活習慣病予防のための一考察
    中村菜穂子, 中野渡慧厘, 大谷章子, 奥村智子, 宮川隆美, 井口凡子, 山口香, 木下加奈子, 松山秀子, 寺嶋春江, 千葉敦子
    東北公衆衛生学会講演集 63rd 15 Jul. 2014
  • 健康教室参加者から非参加者への加速度脈波に関する情報伝達状況
    千葉敦子, 藤田修三, 森永八江, 山本春江, 川内規会
    産業衛生学雑誌 56(1) 23 Jan. 2014
  • うつ病スクリーニングを用いた中高年者自殺予防のための地域介入―北東北地方における知見より
    大山博史, 坂下智恵, 千葉敦子, 石田賢哉, 戸沼由紀
    日本社会精神医学会雑誌 22(3) 322-331 Aug. 2013
  • 実習前の態度面の教育に関する検討―在宅看護実習前後における学生のアンケートから―
    山本春江, 細川満子, 千葉敦子, 戸沼由紀, 岡田康平, 鎌田明美, 高田まり子, 松尾泉, 川村泰子, 富田恵
    日本公衆衛生学会総会抄録集 71st 520 Oct. 2012
  • A企業の生活習慣病予防教室における自発的参加者の検討(第1報)―健診データ・生活習慣行動の非参加者との比較による参加者特性―
    千葉敦子, 山本春江
    日本地域看護学会学術集会講演集 15th 67 Jun. 2012
  • A企業の生活習慣病予防教室における自発的参加者の検討(第2報)―教室参加回数別による健診データ・生活習慣行動の教育効果―
    山本春江, 千葉敦子
    日本地域看護学会学術集会講演集 15th 68 Jun. 2012
  • 保健医療福祉系大学の初年次生のグループワーク経験とグループワーク促進をねらいとした演習効果との関連
    山本春江, 千葉敦子
    日本看護科学学会学術集会講演集 31st 437 Dec. 2011
  • 初年次の教育方法の検討―グルーピング演習は初めてのグループワークを促進できるか―
    山本春江, 杉山克己, 勘林秀行, 千葉敦子, 井澤弘美, 佐藤伸
    日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 437 Oct. 2011
  • 「保健師教育の技術項目と卒業時の到達度」を用いた自己チェックの有用性の検討
    富田恵, 戸沼由紀, 細川満子, 千葉敦子, 山田典子, 山本春江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 70th 436 Oct. 2011
  • 『健康科学演習』は対人援助職をめざす初学者にどのような教育効果をもたらすか
    山本春江, 勘林秀行, 杉山克己, 佐藤伸, 千葉敦子, 井澤弘美, 廣森直子
    日本ヒューマンケア科学会誌 4(2) 45 Oct. 2011
  • 職域における健康教室参加者からの教育波及効果を意図した保健指導プログラムの効果~3年間の健康診断結果の検討~
    千葉敦子, 千葉敦子, 山本春江, 森永八江, 藤田修三
    産業衛生学雑誌 53(2) 58 Mar. 2011
  • 保健医療福祉系大学初年次教育におけるグループワーク促進を図った課題演習の効果と課題達成感との関連
    山本春江, 千葉敦子
    日本看護科学学会学術集会講演集 30th 373 Dec. 2010
  • 保健医療福祉系大学1年次生のケアに関する生活体験
    山本春江, 勘林秀行, 杉山克己, 佐藤伸, 千葉敦子, 井澤弘美, 廣森直子
    日本ヒューマンケア科学会誌 3(2) 30 Oct. 2010
  • 職域における健康教室参加者の食事調査の結果と課題
    森永八江, 千葉敦子, 山本春江, 藤田修三
    日本ヒューマンケア科学会誌 3(2) 29 Oct. 2010
  • 特定健診における職域を対象とした保健指導モデルの開発~生活改善と行動変容ステージの評価~
    千葉敦子, 山本春江, 森永八江, 藤田修三
    産業衛生学雑誌 52(2) 100 Mar. 2010
  • 高齢者のうつ病をめぐって 各論 9.高齢者のうつ病と自殺予防
    大山博史, 坂下智恵, 工藤薫, 千葉敦子, 石田賢哉, 戸沼由紀, 種市寛子
    Geriatr Med 47(11) 1477-1482 Nov. 2009
  • 労働者の運動習慣における支援的環境に関する研究―勤務日と休日の運動状況の比較から
    山本春江, 千葉敦子, 森永八江, 藤田修三
    日本公衆衛生学会総会抄録集 68th 360 Oct. 2009
  • 健康教室の学びに関する参加者の他者への伝達意欲と被伝達者の授受の実態
    千葉敦子, 山本春江, 森永八江, 藤田修三
    日本公衆衛生学会総会抄録集 68th 359 Oct. 2009
  • 介護予防トレーニングの「場」に求められる参加者のニーズ
    鎌田明美, 山本春江, 千葉敦子, 三浦雅史, 千葉恵津子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 68th 347 Oct. 2009
  • 労働者の冬の運動量と地域環境との関連についての検討 第2報
    千葉恵津子, 鎌田明美, 千葉敦子, 李相潤, 山本春江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 68th 360 Oct. 2009
  • 筋力向上トレーニング自主組織会参加者の健康関連QOLの状況
    千葉敦子, 三浦雅史, 山本春江, 鎌田明美
    青森県立保健大学雑誌 10(1) 119-121 Jun. 2009
  • 介護予防トレーニングの効果に関する検討―前期高齢者と後期高齢者の比較から―
    三浦雅史, 中屋敷茜, 千葉敦子
    青森県立保健大学雑誌 10(1) 131-132 Jun. 2009
  • 労働者の運動習慣における「支援的環境」の意義職場環境との関連から
    山本春江, 千葉恵津子, 鎌田明美, 千葉敦子, 李相潤
    青森県立保健大学雑誌 10(1) 116-118 Jun. 2009
  • 積雪寒冷地における労働者の運動状況と地域および職場環境との関連
    山本春江, 千葉敦子, 鎌田明美
    日本看護科学学会学術集会講演集 28th 535 Nov. 2008
  • 職場の階段有無別における運動量の比較検討
    千葉恵津子, 山本春江, 鎌田明美, 千葉敦子, 李相潤
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67th 301 Oct. 2008
  • 労働者の冬の運動量の増減と地域環境の特徴
    鎌田明美, 千葉恵津子, 千葉敦子, 李相潤, 山本春江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67th 301 Oct. 2008
  • 労働者の運動習慣における「支援的環境」の意義―職場環境との関連から―
    山本春江, 千葉恵津子, 鎌田明美, 千葉敦子, 李相潤
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67th 301 Oct. 2008
  • 筋力向上トレーニング自主組織会参加者の健康関連QOLの状況
    千葉敦子, 三浦雅史, 山本春江, 鎌田明美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 67th 537 Oct. 2008
  • 健康教室参加者における家族や地域への学びの伝達状況に関する比較検討
    千葉敦子, 山本春江, 工藤奈織美, 浅田豊, 竹森幸一
    家族看護学研究 14(2) 109 Jul. 2008
  • 積雪寒冷地における勤労男性の運動状況と季節及び職場環境との関連
    千葉恵津子, 山本春江, 鎌田明美, 千葉敦子, 李相潤
    東北公衆衛生学会講演集 57th 45 Jul. 2008
  • 青森県七戸町における中高年者自殺予防活動―うつ病対策による地域介入プログラムの効果評価―
    鈴木希久子, 坂下智恵, 八嶋昭子, 小又陽子, 反町吉秀, 鳥谷部牧子, 千葉敦子, 渡邉直樹, 大山博史
    青森県立保健大学雑誌 9(1) 69-70 Jun. 2008
  • Introduction of booklet No.2, No.5, and No.7 of "Health and life series"(Special Issues)
    Takemori Koichi, Yamamoto Harue, Asada Yutaka, Chiba Atsuko, Kudo Naomi, Mikami Seiji
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 8(2) 295-301 Dec. 2007
  • 豪雪地における一般労働者の冬の身体活動量への影響要因
    工藤奈織美, 李相潤, 山本春江, 千葉敦子, 千葉恵津子, 鎌田明美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 66th 314 Oct. 2007
  • 職場における運動推進事業の波及効果に関する検討
    千葉敦子, 千葉恵津子, 山本春江, 李相潤, 鎌田明美, 工藤奈織美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 66th 300 Oct. 2007
  • 豪雪地における一般労働者の身体活動量と所属課の季節的関連
    山本春江, 李相潤, 工藤奈織美, 千葉恵津子, 鎌田明美, 千葉敦子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 66th 314 Oct. 2007
  • 豪雪地における一般労働者の身体活動量と運動教室参加との関連
    鎌田明美, 千葉恵津子, 千葉敦子, 工藤奈織美, 李相潤, 山本春江
    日本公衆衛生学会総会抄録集 66th 314 Oct. 2007
  • 職場における運動推進事業と主観的ストレスの関連
    千葉恵津子, 千葉敦子, 鎌田明美, 山本春江, 李相潤, 工藤奈織美
    日本公衆衛生学会総会抄録集 66th 299-300 Oct. 2007
  • 健康教育TYA方式における実践目標の主体的構築の評価~教育プログラム調整に伴う学びの変化の有無と学習過程の概略~
    浅田豊, 山本春江, 竹森幸一, 千葉敦子, 長谷川衣子, 長谷川しぐれ, 齋藤菜推美
    東北公衆衛生学会講演集 56th 15 Jul. 2007
  • 生活習慣記録機を装着することによって生じる勤労者のクチコミに関する検討
    千葉敦子, 山本春江, 李相潤, 工藤奈織美, 千葉恵津子
    青森県立保健大学雑誌 8(1) 216-217 Jun. 2007
  • 生活習慣記録機装着による勤労者の運動意識に関する検討
    千葉恵津子, 長尾博文, 葛西充, 相馬美基子, 奥村博正, 山本春江, 千葉敦子, 李相潤, 工藤奈緒美
    青森県立保健大学雑誌 8(1) 219-220 Jun. 2007
  • P-24 seikatsu shukan kirokuki sochaku niyoru kinrosha no undo ishiki ni kansuru kento posuta happyo seido kaikaku o megutte hoken iryo fukushi no bai 2006nendo aomoriken hoken iryo fukushi kenkyu happyokai shoroku
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 8(1) 219-220 Jun. 2007
  • 積雪農村地域の運動習慣化におけるウォーキングクラブの意義
    山本春江, 工藤奈織美, 千葉敦子
    日本看護科学学会学術集会講演集 26th 183 Nov. 2006
  • 健康教育担当者間の関係評価の有効性と課題
    山本春江, 浅田豊, 竹森幸一, 工藤奈織美, 千葉敦子
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65th 358 Oct. 2006
  • 健康教室参加者における教室での学びに関する口コミュニケーションについての検討
    千葉敦子, 竹森幸一, 山本春江, 工藤奈織美, 浅田豊
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65th 360 Oct. 2006
  • 高齢者運動教室を支えるスポーツボランティアの継続性の検討
    工藤奈織美, 工藤奈織美, 千葉敦子, 山本春江, 三浦雅史
    日本公衆衛生学会総会抄録集 65th 436 Oct. 2006
  • 出前方式による家族支援研修に期待される効果と課題
    山本春江, 細川満子, 工藤奈織美, 千葉敦子
    家族看護学研究 12(2) 77 Aug. 2006
  • 健康づくりに必要な知識や情報の入手先に関する検討
    千葉敦子, 山本春江, 竹森幸一, 工藤奈織美, 浅田豊
    家族看護学研究 12(2) 120 Aug. 2006
  • 健康教育TYA方式における実践目標の主体的構築の評価 第2報 教育効果の評価
    竹森幸一, 山本春江, 浅田豊, 工藤奈織美, 千葉敦子, 長谷川衣子, 長谷川しぐれ, 齋藤菜推美
    東北公衆衛生学会講演集 55th 14 Jul. 2006
  • 健康教育TYA方式における実践目標の主体的構築の評価 第1報 教育プログラム及び学習過程の概略
    浅田豊, 山本春江, 竹森幸一, 工藤奈緒美, 千葉敦子, 長谷川衣子, 長谷川しぐれ, 齋藤菜推美
    東北公衆衛生学会講演集 55th 13 Jul. 2006
  • 健康教育TYA方式における行動変容過程の評価 第2報 学習効果の追跡的分析
    竹森幸一, 山本春江, 浅田豊, 工藤奈織美, 千葉敦子
    日本健康教育学会誌 14 190-191 May 2006
  • 健康教育TYA方式における行動変容過程の評価 第1報 住民による継続的自己実践の主体的評価
    浅田豊, 山本春江, 竹森幸一, 千葉敦子
    日本健康教育学会誌 14 188-189 May 2006
  • 健康教育TYA方式における行動変容過程の評価 第3報 減塩教室の参加者と非参加者のレディネスについての相違
    山本春江, 工藤奈織美, 千葉敦子, 浅田豊, 竹森幸一
    日本健康教育学会誌 14 192-193 May 2006
  • 介護予防事業における健康関連QOLの変化と自主活動化をもたらした参加動機の検討
    千葉敦子, 山本春江, 工藤奈織美, 鎌田明美
    日本看護科学学会学術集会講演集 25th 177 Nov. 2005
  • 家族を単位とした健康教育モデルの評価 第3報:減塩教室参加者の食生活の経過的観察
    千葉敦子, 山本春江, 竹森幸一, 浅田豊
    家族看護学研究 11(2) 85 Aug. 2005
  • TYA方式による健康教育の評価 第3報 参加者の食生活と家族・地域への波及効果の関連
    千葉敦子, 山本春江, 竹森幸一, 浅田豊
    日本公衆衛生学会総会抄録集 64th 361 Aug. 2005
  • 健康教育TYA方式の応用過程とその効果の分析 第1報:応用型シナリオの開発と学習過程の分析
    浅田豊, 山本春江, 竹森幸一, 工藤奈織美, 千葉敦子, 山本理智子, 沼山詩帆, 小林知美, 成田彰宏
    東北公衆衛生学会講演集 54th 47 Jul. 2005
  • 減塩教育に写真法による栄養摂取量調査を取り入れて 第4報:食品群別栄養指導の追跡調査
    沼山詩帆, 山本春江, 山本理智子, 小林知美, 小原たけ子, 千葉敦子, 工藤奈緒美, 竹森幸一, 浅田豊
    東北公衆衛生学会講演集 54th 50 Jul. 2005
  • 健康教育TYA方式の応用過程とその効果の分析 第2報:学習効果の評価
    竹森幸一, 山本春江, 浅田豊, 工藤奈織美, 千葉敦子, 山本理智子, 沼山詩帆, 小林知美, 成田彰宏
    東北公衆衛生学会講演集 54th 48 Jul. 2005
  • 減塩教室に写真法による栄養摂取量調査を取りいれて 第3報:尿中塩分と食品群別摂取量との関連
    山本春江, 千葉敦子, 工藤奈織美, 浅田豊, 竹森幸一, 沼山詩帆, 山本理智子, 小林知美, 小原たけ子
    東北公衆衛生学会講演集 54th 49 Jul. 2005
  • The improvement process of a health educational model using TYA methods and analysis of the effects : Part 1 The developing of a chain of structured scenarios and the analysis of the learning process through TYA method
    Asada Yutaka, Yamamoto Harue, Takemori Koichi, Akita Atsuko, Yamamoto Richiko, Iida Takako, Numayama Shiho, Kobayashi Tomomi, Nihira Susumu
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 6(2) 49-61 Mar. 2005
  • The improvement process of a health education model using TYA methods and an analysis of the effects : Part 2 Evaluation of the learning effect
    Takemori Koichi, Yamamoto Harue, Asada Yutaka, Akita Atsuko, Yamamoto Richiko, Iida Takako, Numayama Shiho, Kobayashi Tomomi, Nihira Susumu
    Journal of Aomori University of Health and Welfare 6(2) 63-68 Mar. 2005

External Funds

  • Impact of a community-based intervention to provide universal screening and health education for depression with a support network on suicide risk
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year : 2008 - 2010 Investigator(s) : Tomoe SAKASHITA
  • Development of a workplace health guidance model on annual health checkup targeted on the metabolic symdrome
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year : 2008 - 2010 Investigator(s) : Atsuko CHIBA
Display all
External Fundsclose
  • Impact of a community-based intervention to provide universal screening and health education for depression with a support network on suicide risk
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year : 2008 - 2010 Investigator(s) : Tomoe SAKASHITA
  • Development of a workplace health guidance model on annual health checkup targeted on the metabolic symdrome
    Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology:Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
    Project Year : 2008 - 2010 Investigator(s) : Atsuko CHIBA


Copyright c MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.